« 日経平均の私的分析 2006年4月28日 | トップページ | 現物株の逆ばり投資 2006年4月28日 »

2006年4月29日 (土)

為替の私的分析 2006年4月28日

円高が止まったかと思ったら米ドル安が進行中。おかげでクロス円もあまり上昇していないようです。


・米ドル:113円ミドルは1月12日あたり以来です。週足の雲の上辺に接近していて、遅行線も転換線に接近。ここを死守できるかがポイントなのは言うまでもないでしょう。

・ユーロ:転換線を超えてきましたが、EURUSDではかなりの高値。明確なトレンドが出ていると考えるべきか、高値をつけ過ぎ反落すると考えるべきか、難しいです。

・ポンド:ポンド円らしい上昇を見せてくれましたが、こちらもGBPUSDではかなりの高値。明確なトレンドが出ていると考えるべきか、高値をつけ過ぎ反落すると考えるべきか、難しいです。

・オージー:クロス円では今ひとつですが、AUDUSDでは急落前の水準まで戻しています。米ドル次第?

・スイスフラン:スイスフランらしからぬ上昇です。CHFUSDではかなりの高値。明確なトレンドが出ていると考えるべきか、高値をつけ過ぎ反落すると考えるべきか、難しいです。

・加ドル:クロス円では今ひとつですが、CADUSDではかなりの高値。明確なトレンドが出ていると考えるべきか、高値をつけ過ぎ反落すると考えるべきか、難しいです。

・キウイ:クロス円では今ひとつですが、NZDUSDでは雲の底辺まで来ています。ここらで一服でしょうか。


米ドルがほとんどの通貨に対して売られているのが明確に出ています。クロス円は米ドルにかかっていると言っても過言ではありません。
かといって米ドルが買われると他の通貨が売られるわけで、本当に判断しにくい状態です。

|

« 日経平均の私的分析 2006年4月28日 | トップページ | 現物株の逆ばり投資 2006年4月28日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/9819100

この記事へのトラックバック一覧です: 為替の私的分析 2006年4月28日:

« 日経平均の私的分析 2006年4月28日 | トップページ | 現物株の逆ばり投資 2006年4月28日 »