« 為替の私的分析 2006年4月14日 | トップページ | 現物株の逆ばり投資 2006年4月14日 »

2006年4月15日 (土)

IMMポジションを見て 2006年4月14日

Immall20060411
ユーロの買越しはわずかに消化されました。まだまだ多いですね。
円の売越しがそろそろ危険領域に到達しようとしているようです。70000枚を突破すると、急速に買い戻されているので、ロングしている方は要注意です。
ポンドの売越しは順調に減っています。買越しに転じるのは無理でしょうが。
オージーはついに買越しに転じています。どこまで戻せるか注目です。
スイスフランの売越しも順調に減っています。
加ドルは買越しに転じました。
こうして投機筋ポジションだけ見ると、いずれやってくる円高のときには、ポジション逆ばりでユーロ円ショートが一番分がいいように思えるのですが、どうでしょうか?
Immnzd20060411
キウイはショートが急激に減ったことにより、売越しに転じることなく、買越し増加となりました。
ロングが増えないことには上昇を期待するのは難しそうです。



もうちょっとなんかいい情報の生かし方がないものかと考えているのですが、思いつかないのでw、当面この形で投稿していこうと思います。

|

« 為替の私的分析 2006年4月14日 | トップページ | 現物株の逆ばり投資 2006年4月14日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/9607427

この記事へのトラックバック一覧です: IMMポジションを見て 2006年4月14日:

« 為替の私的分析 2006年4月14日 | トップページ | 現物株の逆ばり投資 2006年4月14日 »