« 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年5月11日 | トップページ | 為替の私的分析 2006年5月11日 »

2006年5月12日 (金)

商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月11日

こちらもポイントだけ簡単に。


・粗糖:出来高は最低レベル。遅行線が基準線と雲の上辺に挟まれてもみ合いを示唆しているように思えます。ボリュームレシオだけ見れば買い。

・小豆:出来高は減少中、ほぼ最低レベル。着実に値を下げていっています。下げ想定継続。

・NON-GMO大豆:出来高は減少中、最低レベル。雲の底辺でまた弾かれました。今までと同じなら絶好の売り場ですが、雲を形成する先行スパン1と2の交差が気になります。

・一般大豆:出来高は減少中、最低レベル。転換線は超えましたが基準線を越えられず。遅行線が過去の急落した実線と接近しているのも判断が難しいところです。様子見。

・コーン:出来高は少ない方。雲の上辺に沿って上昇し、転換線まで戻しました。明日、19960円でパラボリック反転し上げ示唆となります。

・アラビカ:出来高は減少中。最低レベル。雲の底辺に沿って上昇し、転換線を超えましたが、遅行線は過去の実線と輻輳中。様子見。

・ロブスタ:出来高は最低レベル。MACD(12,26,9)のMACD(12,26)が水平になり、上げとゴールデンクロスを想定して早めに買い? 実線は雲の中ですが、転換線、基準線の上にあり、遅行線も雲の中ですが過去の実線の上にあります。一目均衡表的には様子見のようです。


以上、ポイントだけ絞って書きました。
分かりにくいとか、チャート載せてほしいとかの要望があれば、コメントにどうぞ。
できる限り善処します。

下記のバナーをクリックしていただけると、ランキングが上がり、ブログを書く気力もわきますので、ご協力お願い致します。

にほんブログ村 経済ブログへ

|

« 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年5月11日 | トップページ | 為替の私的分析 2006年5月11日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/10028511

この記事へのトラックバック一覧です: 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月11日:

« 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年5月11日 | トップページ | 為替の私的分析 2006年5月11日 »