« 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月17日 | トップページ | 商品先物の当たるも八卦当たらぬも八卦 2006年5月18日向け »

2006年5月18日 (木)

為替の私的分析 2006年5月17日

何があったやら分かりませんが、米ドルが若干戻しています。
夏は円高になりやすいので、それまでには上げて欲しいものです。


・米ドル:ダマシになるかもしれませんが、パラボリックは110.86円で反転し上げ示唆となります。まだ、下げ止まったかもしれないというだけで、上げるとは言えませんが。

・ユーロ:EURUSDの上昇もいよいよ終わったのか、ユーロはボリンジャーバンド-2σを徐々に押し広げつつ下落し始めています。一目均衡表でも安値は雲の下へ、遅行線は基準線を割り、弱いチャートになりました。今からショートしてもそれなりにいけるかもしれません。

・ポンド:ちょっと方向感ないです。書いている現在、208円超えていますが、新しくポジション持つのはちょっと難しいです。ちょうど転換線あたり。レジスタンスになるか、これを超えてサポートになるか見極めつきません。GBPUSDの上昇も一服しています。

・オージー:一時、83円台をかいま見ました。狭いボリンジャーバンドを-2σの方向に押し広げているだけに、下げ方向でしょうか。AUDUSDもどんどん下げています。

・スイスフラン:こちらも方向感がありません。上下の幅も狭くなってきていて、手出し無用という感じです。売買タイミングに自信のある方は逆ばりでどうぞ。CHFUSDの上昇も一服しています。

・加ドル:逆ばり買いの99円レベルは終値でかろうじてキープしました。やはりこのレベルは逆ばりで買いなのかもしれませんね。CADUSDは下落を続けています。

・キウイ:スローストキャスティクスはゴールデンクロスして4日経つものの、今ひとつ上昇にはつながっていません。NZDUSDは下げ止まったかどうか判断つきかねます。ロングのタイミングはまだだと思います。


各通貨での米ドルの買い戻しが起こっているようです。円に対しても買い戻しが起こってくれないと、私の米ドルロングとキウイロングの塩漬けは当分、漬かりそうです。レバレッジ低くてよかった…
今更ですが、皆さんも証拠金取引である事を十分理解したうえで、取引しましょうね。
投資は自己責任で。

下記のバナーをクリックしていただけると、ランキングが上がり、ブログを書く気力もわきますので、ご協力お願い致します(右クリックで(Macの方はコマンド+クリックで)別ウィンドウで開くでもいいのでお願いします)。

にほんブログ村 為替ブログへ

|

« 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月17日 | トップページ | 商品先物の当たるも八卦当たらぬも八卦 2006年5月18日向け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/10121944

この記事へのトラックバック一覧です: 為替の私的分析 2006年5月17日:

« 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月17日 | トップページ | 商品先物の当たるも八卦当たらぬも八卦 2006年5月18日向け »