« 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月19日 | トップページ | 日経平均の私的分析 2006年5月19日 »

2006年5月20日 (土)

為替の私的分析 2006年5月19日

白状します。18日の分析は情報を取り込み忘れたままやっていたようです。
今日、情報を取り込むときに気づきました。眠かったとはいえ、あんまりですね。


・米ドル:戻りが鮮明になってきました。当面の目標は基準線レベルの113.84円超えでしょう。MACD(12,26.9)もゴールデンクロス寸前です。

・ユーロ:パラボリック反転し、上げ示唆。基準線と雲の上辺を明確に超えていけるかどうかが焦点になりそうです。EURUSDは徐々に下げだしています。

・ポンド:下値を切り上げつつも、トリプルトップ形成かと思わせるチャートです。上げ下げが激し過ぎて、一目均衡表は先を読みがたくなっています。GBPUSDは高値推移ですが、若干下げだしているようです。

・オージー:下げ止まりの気配を見せつつありますが、雲の底辺に沿って上昇しているだけであることと、遅行線が基準線をレジスタンスにしていることからもみ合いを想定します。商品市況で金も下落傾向ですしね。AUDUSDでは下落が続いています。

・スイスフラン:もみ合いつつ、値幅を縮小していっているようです。月曜日、91.97円でパラボリック反転し、上げ示唆となりますが、ダマシに近いかもしれません。CHFUSDでは下落し始めています。

・加ドル:転換線に頭を抑えられています。98円ローからの戻りもそんなに強いものではありません。様子見。CADUSDは下落中。

・キウイ:弱々しい動きながらも、徐々に上昇中。とりあえず転換線を超えましたが、あまり強いチャートではありません。基準線は現在、71.23円。この調子ではそこまでの上昇はちょっと時間がかかると思います。NZDUSDでは雲の底辺でもみ合い中。


米ドルの戻しは、クロス円に対してプラスにもマイナスにも作用して、相殺されています。
いつもは米ドルが読みがたいのですが、今回はクロス円すべてが読みがたい感じです。

下記のバナーをクリックしていただけると、ランキングが上がり、ブログを書く気力もわきますので、ご協力お願い致します(右クリックで(Macの方はコマンド+クリックで)別ウィンドウで開くでもいいのでお願いします)。

にほんブログ村 為替ブログへ

|

« 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月19日 | トップページ | 日経平均の私的分析 2006年5月19日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/10158519

この記事へのトラックバック一覧です: 為替の私的分析 2006年5月19日:

« 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月19日 | トップページ | 日経平均の私的分析 2006年5月19日 »