« 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月23日 | トップページ | 商品先物の当たるも八卦当たらぬも八卦 2006年5月24日向け »

2006年5月24日 (水)

為替の私的分析 2006年5月23日

円高進行中のようですね。S&Pもよけいな事をしてくれたものです。


・米ドル:25日移動平均線の113.03円あたりで上値の重さを確認されたのが、痛いですね。転換線との乖離が大きくなり始めていたので、調整もやむなしといったところでしょうか。

・ユーロ:短期スイング派にはいい感じの値動きですね。高値は徐々に切り下げてきていて、水準を次第に下げていっているようです。EURUSDは膠着状態?

・ポンド:211円はやはり絶好の売り場だったようです。下値を切り上げてきているので、だんだん値幅は取れなくなってくるのかもしれません。GBPUSDも膠着状態?

・オージー:83.60円近辺が当面の底になるのでしょうか。まだちょっと読みがたいです。AUDUSDは下げ基調。

・スイスフラン:92円ハイは絶好の売り場だったのかもしれません。トリプルトップ形成中?CHFUSDは膠着状態?

・加ドル:ちょっと戻りは鈍いです。パラボリック反転し、上げ示唆になるには100.68円が必要です。CADUSDは戻り気味も下落基調。

・キウイ:弱々しい戻りです。パラボリック反転し、上げ示唆になるには69.42円が必要で、反転したようですし、下値は着実に切り上げてきていますが、基準線の71.23円ははるか遠いです。NZDUSDはやや下げ基調。


当面、ショートが有利のようです。ヨーロッパ系の通貨のクロス円のショートが特に有効ではないでしょうか。

下記のバナーをクリックしていただけると、ランキングが上がり、ブログを書く気力もわきますので、ご協力お願い致します(右クリックで(Macの方はコマンド+クリックで)別ウィンドウで開くでもいいのでお願いします)。

にほんブログ村 為替ブログへ

|

« 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月23日 | トップページ | 商品先物の当たるも八卦当たらぬも八卦 2006年5月24日向け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/10213141

この記事へのトラックバック一覧です: 為替の私的分析 2006年5月23日:

« 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月23日 | トップページ | 商品先物の当たるも八卦当たらぬも八卦 2006年5月24日向け »