« 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月25日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年5月26日 »

2006年5月26日 (金)

為替の私的分析 2006年5月25日

本日発表のアメリカの経済指標が良くなかったせいなのか、NY勢の連休前のポジション調整なのか、その両方なのか、気づいてみれば、円高進行中。


・米ドル:113円の壁は相当厚いようで。一目均衡表ではこの水準の意味はチャート的に読み取れませんが、25日移動平均線で見ると、112.64円がまさにそのラインでした。ここを明確に上回るのはまた今度のようです。

・ユーロ:短期的に見れば着実に上値は切り下がってきているし、下値は切り下がっています。雲の上辺を割ってきましたが、さて、どこまで下げてくれるでしょうか。EURUSDはやや下落基調。

・ポンド:やはり211円は怖くてもショートですね。下値は切り上がってきているので、基準線近辺が目標でしょうか。GBPUSDは下落基調。

・オージー:高値で転換線は超えたものの、気づけば遅行線が基準線をレジスタンスにしそうではありませんか。これを超えていけなければ上昇はないと、3日平均足もパラボリックも言っているようです。AUDUSDはやや下落基調。

・スイスフラン:値幅こそ違うもののなんか見たようなチャートだと思えば、ポンドにそっくりです。ショートは有利だったでしょ?(今のところは)CHFUSDは下落基調。

・加ドル:下げ渋っています。25日移動平均線が近い事と、遅行線が雲の底辺にぶつかっている事、実線と転換線の乖離が大きい事を考えると、ショートもありと見ているんですが、はずれでしょうか。CADUSDは下げ止まり?

・キウイ:下げ渋っています。25日移動平均線を割と明確に上抜けた事、基準線も上抜けた事からするとその辺りがサポートになってくれそうです。唯一の懸念は転換線との乖離がやや大きい事でしょうか。NZDUSDは雲の中を上昇基調。


何度か書いていますが、本当はこの記事、朝に書かないといけないんですよねぇ。特にストレート(xxxUSD)は合成チャートで作っているので、書いている時点の状態はわからないんですよ。
一歩遅れて書きつつも、予測は一歩先を行きたいところですが、なかなかに難しいです。

下記のバナーをクリックしていただけると、ランキングが上がり、ブログを書く気力もわきますので、ご協力お願い致します(右クリックで(Macの方はコマンド+クリックで)別ウィンドウで開くでもいいのでお願いします)。

にほんブログ村 為替ブログへ

|

« 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月25日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年5月26日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/10242690

この記事へのトラックバック一覧です: 為替の私的分析 2006年5月25日:

« 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月25日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年5月26日 »