« 為替の私的分析 2006年5月25日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月26日 »

2006年5月27日 (土)

商品先物の私的分析 東京工業品 2006年5月26日

昨日は金曜日ということで、また更新をさぼってしまいました。


・金:3日平均足は陽線に転じましたが、強い形ではありません。5月24日の前日比+78円の影響で陽線になったと思われますので、明日には2460円くらいで終わらないと陽線を維持できません。高値は5日移動平均線に押さえれていて、それを抜けても25日移動平均線が待ち構えています。一目均衡表では遅行線が過去の実線に交わりつつあり、しばらくもみ合うようだと、より弱い形になってしまいます。MACD(12,26,9)を逆ばり気味に見ても、まだMACD(12,26)は下落を続けていて、これがせめて横ばいになってからでも買い参戦は遅くないのではないかと考えます。

・銀:出来高は減少中。3日平均足は陽線2日目。狭いボリンジャーバンドを-2σの方向に押し広げる動きは止まったようです。一目均衡表では実線が雲の上辺に絡んで上昇中。遅行線も基準線の上を推移。MACD(12,26,9)はもうすぐ横ばいになりそうです。

・白金:出来高はやや持ち直し。3日平均足は陽線3日目。25日移動平均乖離率も6%ちょっと。ボリンジャーバンドを+2σ方向に押し広げつつ上昇していて、下げの要素が見当たりません。

・パラジウム:出来高は減少中。3日平均足は陽線2日目。25日移動平均乖離率は-5%を切ってきました。一目均衡表では上昇する雲の上辺の下を沿うように上昇中。遅行線は上昇する基準線をサポートにしているようです。MACD(12,26,9)の下降も収まりつつあり、買い始めてもいいかもしれません。

・アルミニウム:出来高は最低レベル。3日平均足は陽線2日目。25日移動平均線が310.4円付近で、これを上抜けるかがポイントになりそうです。一目均衡表では遅行線が過去の上昇する実線に絡んで上昇中。当面の目標は基準線の313.45円あたりでしょうか。

・原油:出来高はやや持ち直し。3日平均足は陽線6日目。25日移動平均線が47790円付近で、これを上抜けるかがポイントになりそうです。一目均衡表では実線が上昇する雲の上辺に絡んで上昇、遅行線も上昇する基準線をサポートに上昇中ですが、目先、基準線の47855円があり、25日移動平均線と近い事から、この近辺をレジスタンスにする可能性も考えに入れておいた方がよさそうです。

・ガソリン:発会。パラボリックは反転し、上げ示唆となりました。25日移動平均乖離率は-0.3程度。一目均衡表では実線が基準線を越えていけるのかがポイントです。25日移動平均線も同レベルなので、これをブレイクすれば以降、強力なサポートとして機能するでしょうし、ブレイクできなければ強力なレジスタンスとして機能するでしょう。

・灯油:発会。さやが大き過ぎてちょっと今の段階ではテクニカル分析は控えた方がいいのかもしれませんが…パラボリックは反転し、上げ示唆となりました。25日移動平均乖離率は2%弱。一目均衡表では基準線を一気に抜いてきています。ちょっと様子見。

・ゴム:発会。一時ストップ高。逆ばり売りサインが点灯しました。25日移動平均乖離率は12%を超えています。上昇の勢いが強いのと、新ポがきれいにつながっていることを考えると、売りを仕掛けるのはちょっと考えものですが、1、2日の調整はあるかもしれない程度に考えて下さい。


個人的な都合で本当は分析なんかしている場合ではないのですが、そういう時ほど書きたくなっちゃうんですよねぇ。
ガソリンを買おうか検討してみたいと思います。金、銀の買いも面白そうなんですけど。

下記のバナーをクリックしていただけると、ランキングが上がり、ブログを書く気力もわきますので、ご協力お願い致します(右クリックで(Macの方はコマンド+クリックで)別ウィンドウで開くでもいいのでお願いします)。

にほんブログ村 先物取引ブログへ

|

« 為替の私的分析 2006年5月25日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月26日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/10263047

この記事へのトラックバック一覧です: 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年5月26日:

« 為替の私的分析 2006年5月25日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月26日 »