« 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月26日 | トップページ | 日経平均の私的分析 2006年5月26日 »

2006年5月27日 (土)

為替の私的分析 2006年5月26日

アメリカには良くないニュースや指標が多かった気がしますが、何故か上げてます。


・米ドル:下落する25日移動平均線の上を終値でキープ。ボリンジャーバンドの幅が狭くなりつつあります。動いた方向に素直についていった方が良さそうです。一目均衡表的には当面の目標は基準線の113.35円。これは徐々に下がってくるでしょうから、ハードルは低くなりつつあるように思えます。

・ユーロ:下げと見せつつ、基準線をサポートに終値では上げてきました。下げるときはだいたい一気に下げていますから、今回はハズレかもしれません。EURUSDは徐々に下げ基調。

・ポンド:転換線辺りをサポートにしたようで、終値ではちょっと上げてきました。211円でショートしたなら無理せず一旦利確したほうが安全でしょう。GBPUSDは下げ基調。

・オージー:遅行線は基準線超え、実線は転換線をサポートにしたのか雲の中を上昇し、パラボリックは反転して上げ示唆となりましたが、今度控えているのは25日移動平均線(85.50円)です。基準線も85.66円に控えています。オージーの上昇にとっては正念場です。AUDUSDはやや戻し気味。

・スイスフラン:25日移動平均線と転換線辺りをサポートに終値ではやや上げてきました。一気に下げないところを見ると、戻しに入るかもしれません。CHFUSDは下げ基調。

・加ドル:思いっきり外しました。実線と遅行線が雲の上辺をレジスタンスにするのか見極めてから、ショート?いや、外したばかりなので、これ以上は語りますまい。CADUSDは戻り基調。

・キウイ:終値ではやや下げましたが、基準線がサポートになっている事、転換線が上がってきて乖離が小さくなった事、5日移動平均線と25日移動平均線がゴールデンクロスしそうな事などから、上げ想定継続。当面の目標は雲の底辺の72円台後半です。NZDUSDは戻り一服。


やはり、週末は分析にも時間取れて(本当はそんな場合ではないんですけど)、いい感じです。

下記のバナーをクリックしていただけると、ランキングが上がり、ブログを書く気力もわきますので、ご協力お願い致します(右クリックで(Macの方はコマンド+クリックで)別ウィンドウで開くでもいいのでお願いします)。

にほんブログ村 為替ブログへ

|

« 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月26日 | トップページ | 日経平均の私的分析 2006年5月26日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/10264101

この記事へのトラックバック一覧です: 為替の私的分析 2006年5月26日:

« 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月26日 | トップページ | 日経平均の私的分析 2006年5月26日 »