« 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月29日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月30日 »

2006年5月31日 (水)

商品先物の私的分析 東京工業品 2006年5月30日

今日はまた遅くなってしまいました。別にNYの動向を見ていたからではなく、遅く帰ってきたからです。


・金:値動きがあまりありませんが、テクニカル指標はMACD(12,26)はまだ下げ基調。RSI(14日)も下げ基調。3日平均足はわずかに陰線です。明日、終値で2395円程度ないと陽線になりません。一目均衡表では遅行線が過去の実線と交わり、今後遅行線が過去の転換線をサポートにできるかどうかになってきました。弱い形といえるでしょう。

・銀:出来高は減少し、最低レベル。値動きがあまりありませんが、テクニカル指標はMACD(12,26)はわずかに下げ基調。RSI(14日)も下げ基調。3日平均足はかなり弱いながらも陽線4日目ですが、今日と同じ終値でも陰線に転換します。一目均衡表では実線が下落する転換線をサポート(?)にして雲の上辺から離れてきています。遅行線は過去の基準線をサポートにできるか微妙なラインになりつつあります。弱い形といえるでしょう。

・白金:微妙な位置にいます。5日移動平均線(4583円)を割って下げていくところなのか、押し目なのか。上げと想定するなら+1σ(4536円)を押し目狙いで買いだし、下げを想定するなら+1σを割って売り。3日平均線は陽線ですが弱いです。下げが正解でしょうか。一目均衡表では私には何も読み取れません。

・パラジウム:出来高は減少し、最低レベル。値動き的にはボリンジャーバンドの-1σをレジスタンスとして下げ基調。テクニカル指標はMACD(12,26)はわずかに下げ基調。RSI(14日)も下げ基調。3日平均足は弱いながらも陽線に転換しました。戻り売り有利と思います。一目均衡表では実線が転換線をレジスタンスにしたように見えます。遅行線は上昇する基準線に沿って上昇しましたが、下降トレンドからは脱していません。

・アルミニウム:出来高は最低レベルのまま。値動き的には25日移動平均線をレジスタンスにするのか、今後サポートにしていくのか微妙な位置です。テクニカル指標はMACD(12,26)はゴールデンクロス直前かというところまで来ました。3日平均足は陽線ですが、特に強くはありません。パラボリックは315.6円で転換し、上げ示唆となります。一目均衡表では実線が基準線をレジスタンスにした格好。遅行線は過去の実線に沿って上昇していましたが、やや過去の実線を下回りました。早計ですがトリプルトップを形成しようとしているのかもしれません。

・原油:出来高は回復傾向。値動き的には25日移動平均線をレジスタンスにした格好です。テクニカル指標はMACD(12,26)はマイナス圏ながらも明確にゴールデンクロスして2日目。RSI(14日)は50から反落。3日平均足は陽線ですが、弱い形です。一目均衡表では高値は雲の上辺に沿って上昇しましたが、転換線との乖離が大きくなってきたせいか、安値は雲の上辺から離れてきました。遅行線はかろうじて過去の基準線にサポートされた格好です。下降トレンドからは脱したようなので、しばらくもみ合いながらも上げを想定します。

・ガソリン:値動き的には25日移動平均線をレジスタンスにした格好です。テクニカル指標はMACD(12,26)はマイナス圏ながらも明確にゴールデンクロスして2日目。RSI(14日)は50から反落。3日平均足は陽線ですがかなり弱い形です。明日、終値で66100円程度ないと陽線を維持できません。一目均衡表では高値は雲の上辺のやや上に沿って上昇し、基準線を突破、安値は転換線にサポートされた格好です。遅行線は転換線をレジスタンスにして基準線を割ってしまい、下降トレンドから脱したのかあやしくなってきました。悲しいけど(ガソリン買建玉保有中)様子見。

・灯油:出来高は回復傾向。値動き的には25日移動平均線をかろうじてサポートにした格好です。テクニカル指標はMACD(12,26)はプラス圏で明確にゴールデンクロスして3日目。RSI(14日)は50をわずかに割りました。3日平均足は陽線ですがかなり弱い形です。明日、終値で69800円程度ないと陽線を維持できません。一目均衡表では転換線との乖離が大きくなったせいか高値は伸びたものの、安値は基準線をやや割ってしまいました。遅行線は過去の実線と交わりながら過去の転換線をサポートに上昇中。まだ上昇余地あり?

・ゴム:出来高は急増で最高レベル。値動き的にはボリンジャーバンドの+2σ超えから一気に5日移動平均線のやや下まで下落。25日移動平均乖離率は一気に9%台まで低下。テクニカル指標はMACD(12,26)はやや下落。RSI(14日)は88.22から70.99まで低下。やはりピークアウトしたと判断すべきでしょうか。


今日はちょっと詳しく書いてみました。うざったいですかね?

下記のバナーをクリックしていただけると、ランキングが上がり、ブログを書く気力もわきますので、ご協力お願い致します(右クリックで(Macの方はコマンド+クリックで)別ウィンドウで開くでもいいのでお願いします)。

にほんブログ村 先物取引ブログへ

|

« 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月29日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月30日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/10320134

この記事へのトラックバック一覧です: 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年5月30日:

« 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月29日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月30日 »