« 決算短信の訂正急増にどう思う? 2006年5月7日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月8日 »

2006年5月 9日 (火)

商品先物の私的分析 東京工業品 2006年5月8日

にほんブログ村 経済ブログへ

貴金属は寄り天、油系はストップ安だらけと、波乱の一日でした。


・金:弱い逆ばり売りサインが点灯しています。明日は若干調整が入るかもしれません。2500円の心理的節目を超していけると考えるなら、明日か明後日が絶好の買い場かもしれません。出来高も伴い上昇中。

・銀:転換線がサポート。金の上昇の割に出来高も多くはなく、ちょっと盛り上がりに欠ける感じです。一応、明日488.3円でパラボリック反転し、上げ示唆になります。

・白金:本日パラボリック反転し、上げ示唆。ボリンジャーバンドもやや狭い+2σに近づきましたが、反落。ひょっとしたらダブルトップ形成中なのかもしれません。買うなら慎重に。

・パラジウム:ボリンジャーバンドが狭くなり、ボラティリティが低下していることがわかります。出来高はかなり少ないです。三尊天井を形成しつつあるように見えますので、売り有利と見ます。

・アルミニウム:ストップ高寄り天。転換線がサポート。基準線をサポートにした小さいダブルボトムの後なので、買いでも大丈夫かも。出来高は少ないです。明日、314.3円でパラボリック反転し、上げ示唆になります。

・原油:転換線を超えたと思ったら、ストップ安。基準線でサポートできなければ、雲の上辺までの下げもあり得るのかもしれません。

・ガソリン:原油と同じです。

・灯油:原油とほぼ同じですが、基準線までかなりの値幅があるので、こちらは基準線をサポートにできるかもしれません。さりげなく三尊天井らしき形を作りつつあるようにも見えてきました。

・ゴム:油系の下げの割に頑張りました。本日パラボリック反転し、上げ示唆。とはいえ、一目均衡表の各線が輻輳していて、読みがたいです。様子見または下げ。


米ドル安で各商品上げてくるかと思いきや、そうでもないようです。日本の場合には特に値を下げる要因になってしまっています。為替の動きにも注意しましょうね。

|

« 決算短信の訂正急増にどう思う? 2006年5月7日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月8日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/9975377

この記事へのトラックバック一覧です: 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年5月8日:

« 決算短信の訂正急増にどう思う? 2006年5月7日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月8日 »