« 商品先物の当たるも八卦当たらぬも八卦 2006年5月9日向け | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月9日 »

2006年5月10日 (水)

商品先物の私的分析 東京工業品 2006年5月9日

にほんブログ村 経済ブログへ

すっかり遅くなってしまいましたが、9日の分析です。


・金:高値推移。出来高はピークを過ぎつつあること、転換線との乖離が大きくなりつつある事から、下落注意です。

・銀:出来高はかつての1/3程度です。明日、484.3円でパラボリック反転し上げ示唆になります。25日移動平均乖離率も低く、上がるとするならまだこれからです。

・白金:出来高はまあまあ。比較的狭いボリンジャーバンドを押し広げて上げていけるでしょうか。25日移動平均乖離率も低いのですが、4300円の壁を超せなければ、ダブルトップを形成する準備に入ったと考えた方がいいかもしれません。

・パラジウム:出来高はかつての1/5程度。三尊天井を形成する準備に入ったようにしか見えません。

・アルミニウム:出来高は最低レベル。明日、313.8円でパラボリック反転し上げ示唆ですが、今ひとつ方向感に欠けてきたように思えます。

・原油:NYの下げにやっと追いつきました。急な下げには戻しがあると思いますが、基準線までか?

・ガソリン:原油と同じです。

・灯油:パラボリック反転し下げ示唆。ですが、基準線を割らなかったことで、パラボリックはダマシだと思います。絶好の買い場だったのかも。

・ゴム:ストップ高。弱い逆ばり売りサイン点灯。少し調整するかもしれませんが、材料には勝てません。


ゴムのストップ高は油系が弱かっただけに想定外でした。需給はすべての材料に優先するのですね。

|

« 商品先物の当たるも八卦当たらぬも八卦 2006年5月9日向け | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月9日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/9999089

この記事へのトラックバック一覧です: 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年5月9日:

« 商品先物の当たるも八卦当たらぬも八卦 2006年5月9日向け | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月9日 »