« 商品先物の当たるも八卦当たらぬも八卦 2006年5月10日向け | トップページ | 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年5月10日 »

2006年5月10日 (水)

為替の私的分析 2006年5月9日

にほんブログ村 為替ブログへ

米ドル安やら円高の上にキウイ安まで加わっててんやわんやです。
我慢のしどころか、地獄への入り口か?


・米ドル:一時、111円も割れましたがさすがに持ち直しました。勢いがついていてどこで止まるやら見当がつきません。

・ユーロ:円高の影響がユーロにまで及んでいます。三尊天井を形成し、どこまで下げるやら見当がつきません。EURUSDでは絶好調なんですけどねぇ。

・ポンド:ジェットコースターのようなポンドらしい動きです。もう訳分かりません。GBPUSDでは絶好調なんですけどねぇ。

・オージー:AUDUSDでは絶好調なので、これも円高効果。致し方ありません。

・スイスフラン:ダブルトップ形成しつつあります。CHFUSDでは絶好調なんですけどねぇ。

・加ドル:パラボリック反転上げ示唆と思いきやすぐさまパラボリック反転下げ示唆。CADUSDでは伸び悩んでいるのでよけいに円高の影響が大きいです。

・キウイ:69円台にまで落ち込んでしまいました。雲の底辺に上昇を阻まれた格好ですね。NZDUSDでも雲の上辺に上昇を阻まれた格好になりました。クロス円では行く所まで行っちゃうのかもしれません。


米ドル安と円高がすべてを支配している感じです。これが反発するのはいつになるのでしょうか?
眠いし、疲れたし、まともに分析でないし、含み損は膨らむし、いいとこなしなのでこの辺で。

|

« 商品先物の当たるも八卦当たらぬも八卦 2006年5月10日向け | トップページ | 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年5月10日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/9999557

この記事へのトラックバック一覧です: 為替の私的分析 2006年5月9日:

« 商品先物の当たるも八卦当たらぬも八卦 2006年5月10日向け | トップページ | 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年5月10日 »