« 現物株の逆ばり投資 2006年5月26日 | トップページ | 福岡商品取引所、経営不振で解散を検討 »

2006年5月28日 (日)

IMMポジションを見て 2006年5月28日

5月23日時点のIMM投機筋ポジションです。

Immall20060523
火曜日時点ですから、米ドルは割と戻したのに、売越はわずかに4000枚しか減っていません。約168000枚の売越です。内訳はロングが約1100枚の減少、ショートが約5200枚の減少です。いずれ怒濤の米ドル高がやってくると思う根拠はここにあります。

Immotr20060523
ユーロはロングにほぼ変化なし、ショートが約1200枚の増加で、約1300枚の買越減少で、約72000枚の買越です。ユーロを一気に崩すことなく徐々にポジション解消しているようです。

ポンドはロングが約3500枚の増加、ショートが約2700枚の減少で、約6300枚買越が増加し、約30500枚の買越です。そろそろ限界でしょうか。

オージーはロングが約8000枚の減少、ショートが約6200枚の増加で、約14300枚買越が減少し、約16300枚の買越です。しばらくオージーはこの傾向が続くでしょう。

スイスフランはロングが約6200枚の増加、ショートが約3800枚の減少で、約10000枚増加し、買越に転じ、約8400枚の買越です。そろそろ限界でしょうか。

加ドルはロングが約9100枚の減少、ショートの約5300枚の減少で、約3800枚買越が減少し、約15700枚の買越です。加ドルもこの傾向がもうしばらく続くのでしょうか。

円はロングが約2600枚の増加、ショートが約3400枚の増加で、約800枚買越が減少し、約18300枚の買越です。なかなか買越が減りませんが、ここらが限界だろうと思われるので基本的にはロング派は今後期待していいのではないでしょうか。

Immnzd20060523
キウイはロングが約380枚の減少、ショートが約290枚の減少で、約100枚買越が減少し、約7300枚の買越です。やはりこの辺が限界でしょうか。

各通貨、そろそろ変化の時期になってくるようです。
一歩先を読んで、投資に役立てましょう。
投資は自己責任で。

下記のバナーをクリックしていただけると、ランキングが上がり、ブログを書く気力もわきますので、ご協力お願い致します(右クリックで(Macの方はコマンド+クリックで)別ウィンドウで開くでもいいのでお願いします)。

にほんブログ村 為替ブログへ

|

« 現物株の逆ばり投資 2006年5月26日 | トップページ | 福岡商品取引所、経営不振で解散を検討 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/10276438

この記事へのトラックバック一覧です: IMMポジションを見て 2006年5月28日:

« 現物株の逆ばり投資 2006年5月26日 | トップページ | 福岡商品取引所、経営不振で解散を検討 »