« 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年5月31日 | トップページ | 為替の私的分析 2006年5月31日 »

2006年6月 1日 (木)

商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月31日

こっちも簡単に。


・粗糖:出来高はやや回復傾向。とてもまだ下げ止まったなどとは口が裂けても言えません。3日平均足も強い陰線を継続しています。25日移動平均乖離率は-11%台から-10%台になったものの、これは25日移動平均線が下げてきているからです。悪魔のささやきは今が買いだと言っていますw

・小豆:出来高は急増し、最高レベルへ。とてもテクニカル分析などできるサヤではありません。

・NON-GMO大豆:出来高は急回復中。弱い逆ばり買いサインが点灯しましたが、ボリンジャーバンドの幅がそれほど広くないので当てになりません。やるならデイトレするくらいの勢いで。

・一般大豆:出来高は回復傾向。ボリンジャーバンドの幅がどんどん狭くなっています。仕掛けるのはまだ早いと思います。

・コーン:出来高はほぼ最低レベル。ボリンジャーバンドの幅がどんどん狭くなっています。19700円くらい(転換線および遅行線での基準線あたり)を指値に売りでしょうか?

・アラビカ:出来高は回復傾向。下げ止まりを確認できません。スローストキャスティクスがゴールデンクロスしそうですが、当てになるのでしょうか?

・ロブスタ:出来高は回復傾向。下げ止まりを確認できません。アラビカと違ってスローストキャスティクスも買いを示していません。明確に新規で売りとも言えません。


本当に簡単になっちゃいました。すいません。

下記のバナーをクリックしていただけると、ランキングが上がり、ブログを書く気力もわきますので、ご協力お願い致します(右クリックで(Macの方はコマンド+クリックで)別ウィンドウで開くでもいいのでお願いします)。

にほんブログ村 先物取引ブログへ

|

« 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年5月31日 | トップページ | 為替の私的分析 2006年5月31日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/10339763

この記事へのトラックバック一覧です: 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月31日:

« 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年5月31日 | トップページ | 為替の私的分析 2006年5月31日 »