« 商品先物の私的分析 その他 2006年6月12日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年6月16日 »

2006年6月17日 (土)

商品先物の私的分析 東京工業品 2006年6月16日

結局、週末しか更新できませんでした。
細く長くブログを続けていくつもりです。


・金:6月14日、15日に逆ばり買いサインが点灯していました。CCI(14日)の順ばり売りサインが6月14日に点灯。転換線との乖離からして、買いが正解だったようです。25日移動平均乖離率は-8.4%程度。一目均衡表では遅行線がかろうじて雲の底辺にサポートされた格好。当面、遅行線が雲をサポートに上昇すると考えると、2155円指値買いあたりでしょうか。

・銀:6月15日に逆ばり買いサインが点灯していました。CCI(14日)の順ばり売りサインは6月14日に-150オーバーで6月15日に手じまうべきだったでしょう。25日移動平均乖離率は-13.5%程度。5日移動平均線(377.3円)程度の逆指値で買い、ボリンジャーバンドの+1σ(397.2円)を当面の目標という感じでしょうか。

・白金:6月14日に弱い逆ばり買いサインが点灯していました。CCI(14日)の順ばり売りサインは6月13日に点灯し、翌日寄りで売りと出ましたが、転換線との乖離が大きく、外れだったようです。25日移動平均乖離率は-5.2%程度。一目均衡表では実線がかろうじて雲の底辺にサポートされた格好ですが、戻りとしては弱いように思えます。様子見。

・パラジウム;6月14日に逆ばり買いサインが点灯していました。CCI(14日)の順ばり売りサインは6月9日に点灯し、-200を突破した6月14日を見て6月15日に寄りで決済が正しかったようです。25日移動平均乖離率は-10.5%程度。一目均衡表では転換線との乖離の訂正局面。様子見。

・アルミニウム:CCI(14日)の順ばり売りサインが6月9日に点灯し、6月12日の寄りで売るところまでは簡単でしたが、決済の判断はCCI(14日)ではうまく行かなかったようです。一目均衡表で転換線との乖離が大きくなったところが決済のタイミングでした。ちょっと難しかったですね。戻りの局面から脱しきったわけではないようです。売り?

・原油:方向感が掴めません。様子見。

・ガソリン:遅行線がかろうじて雲の底辺にサポートされた格好。62450円付近の指値買い?

・灯油:CCI(14日)が6月14日に順ばり売りサイン点灯。ですが、転換線と乖離が大きかったせいか、不調でした。これもちょっと方向感掴めません。様子見。

・ゴム:ダブルトップ形成でこのまま260円台まで下げかと見ています。なんとなく。


銀の売建玉はおいしいところをほとんど取らずに決済してしまいました。損しなかっただけよかったと自分を慰めています。だって、転換線と乖離が大きくて怖かったんですよ。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 先物取引ブログへ

|

« 商品先物の私的分析 その他 2006年6月12日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年6月16日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/10567870

この記事へのトラックバック一覧です: 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年6月16日:

« 商品先物の私的分析 その他 2006年6月12日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年6月16日 »