« 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年6月2日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年6月5日 »

2006年6月 6日 (火)

商品先物の私的分析 東京工業品 2006年6月5日

スランプが続いています。分析もなんだかできず、それを表現するのも一苦労です。
ガソリンの買建玉は今日、決済しました。エントリーポイントが悪かったので、マイナス続きながらもやっとプラス圏へ。もう少し上昇するとは思いましたが、利食いしちゃいました。


・金:出来高は回復傾向。今日の高値は転換線に押さえられた格好です。この水準は5日移動平均線でもあります。ここを超えていかないと、上げを想定できません。3日平均足もまだ陰線のままです。CCI(14日)は明日寄りで決済と出ました。この指標、割とよく当たるのですが、今回は外れだったようです。金曜の安値は転換線から乖離しすぎたものの、水準は切り下がっていっているので、今のところ戻り売り有利に見えます。

・銀:出来高は少ないまま。こちらも金と同じで、高値は転換線と5日平均線を超えていけませんでした。3日平均足もまだ陰線のままです。高値も安値も切り下がっているので、今のところ戻り売り有利に見えます。

・白金:ボリンジャーバンド-1σを割らず、25日移動平均線の上に値を戻しています。この調子ならもうしばらく上げそうですが、4500円近辺で頭打ちではないかと思っています。

・パラジウム:出来高は回復傾向。ボリンジャーバンド-1σと5日平均線を超えてきました。25日移動平均線&基準線の1300円ロー程度までは戻しがあるのではないかと思います。

・アルミニウム:出来高は減少傾向。ボリンジャーバンド-1σと5日平均線を超していけませんでした。どちらも299円近辺です。これを超していければ上げていくのかもしれませんが、チャートの形的には戻り売り有利に思えます。

・原油:出来高は回復傾向。一気に上げてきました。ボリンジャーバンドは比較的狭くなっているので、動いた方につくのが正解だと思います。一目均衡表では転換線との乖離がやや大きくなってきている事、遅行線をサポートしていた過去の基準線が今後、横ばいになる事から調整は少し入るかもしれません。

・ガソリン:出来高は減少し最低レベル。3日平均足は強い陽線に転じました。今日の上げで下げトレンドから脱出したと判断してもいいかもしれません。他は原油とほぼ同様と見ます。

・灯油:出来高は減少し最低レベル。3日平均足は強い陽線に転じました。他は原油とほぼ同様と見ます。遅行線のサポートが過去の転換線のようですから、まだ上げ余地はあると思います。

・ゴム:出来高は減少傾向。ボリンジャーバンドの+1σと5日平均線を超えてきたので、また上げそうです。3日平均足は陽線に転じました。25日移動平均乖離率は8%弱とやや大きいものの、再び320円をトライしにいくかもしれません。


先週までと違ってちょっとは書けるようになったようです。当たっているかどうかは別問題ですが。
ゴム、買ってみようかな?

下記のバナーをクリックしていただけると、ランキングが上がり、ブログを書く気力もわきますので、ご協力お願い致します(右クリックで(Macの方はコマンド+クリックで)別ウィンドウで開くでもいいのでお願いします)。

にほんブログ村 先物取引ブログへ

|

« 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年6月2日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年6月5日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/10410757

この記事へのトラックバック一覧です: 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年6月5日:

« 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年6月2日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年6月5日 »