« 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年6月5日 | トップページ | IMMポジションを見て 2006年6月6日 »

2006年6月 6日 (火)

商品先物の私的分析 東京穀物 2006年6月5日

こちらでもそれなりに書けるでしょうか。頑張ってみます。


・粗糖:ボリンジャーバンドを-2σ方向に押し広げる動きは止まったと判断していいでしょうか。MACD(12,26)も横ばいになってきました。RSI(14日)も28.57と、25を上回ってきました。3日平均足はまだ陰線ですがややプラス方向に強い形です。ポラボリックも41950円で反転し、上げ示唆となります。どこまで反発できるか見物です。

・小豆:出来高は減少傾向。正直、まだテクニカル分析できるような状態ではないと思いますが、ボリンジャーバンドの+1σ(9180円あたり)を超えてきたので、再び上げてくるかもしれません。ただ、3日平均足はまだ陰線のままです。

・NON-GMO大豆:出来高はやや減少傾向。値動きが急過ぎてどう分析していいか戸惑っています。これが天候相場ってやつですかい。3日平均足は陽線になりました。パラボリックも反転し上げ示唆となりました。転換線との乖離が大きかった昨日の安値は買いどころだったのでしょうね。今日の高値は基準線に頭を抑えられています。これを超えれば、雲の底辺(38400円あたり)まで期待していいのでしょうか?

・一般大豆:出来高は減少傾向(ストップ高だからか)。こちらもいままでの値動きから今日のストップ高を予想しろというのは酷だと思うのですが、どうですか?転換線との乖離が大きかったのがチャンスと言えばチャンスだったのかもしれません。こちらは基準線(33460円あたり)を超えていかないと下げトレンド終了とは判断できかねます。

・コーン:こちらは6月1日向けにズバリと予測できたと思うのですが、正直、そのまま下げていくと思っていました。ボリンジャーバンドも狭いですしね。雲の底辺がだいたいのサポートだったと考えれば、まあ、つじつまが合っているのかもしれません。今日の上げでも高値はまだ転換線(19450円)の下です。これを超えていくようならまた上げていくかもしれませんね。

・アラビカ:出来高は減少傾向。5日移動平均線を超えてきましたがボリンジャーバンドの-1σ(19820円)を超せずにいます。転換線も19740円でこれも超せずにいます。これを超えるようなら戻り確定と考えていいのではないでしょうか。

・ロブスタ:出来高は減少傾向。5日移動平均線と、ほぼ同レベルのボリンジャーバンド-1σを超えてきました。3日平均足も陽線に転じています。ただ、下げトレンドから脱出したとは言えないので、買いは注意が必要だと思います。下げトレンド脱出と判断するには基準線(15390円)あたりまで上昇してからではないでしょうか。


うーん、所々見逃しがあるかもしれませんが、こんなところです。
粗糖の買い、アラビカの逆指値買いあたりに手を出してみたいところです。

下記のバナーをクリックしていただけると、ランキングが上がり、ブログを書く気力もわきますので、ご協力お願い致します(右クリックで(Macの方はコマンド+クリックで)別ウィンドウで開くでもいいのでお願いします)。

にほんブログ村 先物取引ブログへ

|

« 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年6月5日 | トップページ | IMMポジションを見て 2006年6月6日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/10410897

この記事へのトラックバック一覧です: 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年6月5日:

» 穀物 [ダイエットのココロ]
穀物穀物(こくもつ)は、植物の種子を食用とする澱粉質を主体とする食材。多くのものは主食の材料として用いられている。小麦・米・トウモロコシは世界三大穀物と呼ばれ、世界で広く利用されている。また米と麦以外の穀物は一般に雑穀とよばれている。穀物は狭義ではイネ科植物の種子のみだが、広義の場合はマメ科やタデ科...... [続きを読む]

受信: 2006年6月 6日 (火) 19:47

« 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年6月5日 | トップページ | IMMポジションを見て 2006年6月6日 »