« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月25日 (日)

IMMポジションを見て 2006年6月25日

6月20日時点のIMM投機筋ポジションです。

Immall20060620
米ドルはロングが約1100枚の減少、ショートが約51700枚の減少で、約42200枚の売越に減少しました。
売越の減少は順調に続いています。買越に転じるのはいつでしょうね。

Immotr20060620

ユーロはロングが約6700枚の減少、ショートが約2600枚の増加で、約52500枚の買越に減少しました。

ポンドはロングが約5200枚の減少、ショートが約6500枚の減少で、約23400枚の買越に微増しました。

オージーはロングが約11500枚の減少、ショートが約2800枚の増加で、約2400枚の売越に転じました。

スイスフランはロングが約880枚の減少、ショートが約1700枚の増加で、約5500枚の売越に減少しました。

加ドルはロングが約9600枚の減少、ショートが約180枚の減少で、約24000枚の買越に減少しました。

円はロングが約15500枚の減少、ショートが約2100枚の減少で、約23000枚の売越に増加しました。

今回、キウイのデータはなかったので、載せません。
オージーが売越に転じたのは意外でした。円の売越は順調に増加し、まだ急に円高になるほどの枚数ではありません。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

日経平均の私的分析 2006年6月23日

ミニ日経平均先物が7月18日に大証で開始予定らしいですね。
個人投資家が参入しやすくなっていいことだと思います。


出来高は減少傾向で、ほぼ最低レベル。
一目均衡表の転換線の下げに沿うように下げた後、木曜日から上げました。
高値は25日移動平均線及び基準線に頭を抑えられていて、転換線との乖離も大きい事から来週は軟調に推移すると思います。

当たるも八卦当たらぬも八卦予測値:14929.97〜15229.02円。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 経済ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

為替の私的分析 2006年6月23日

米ドル高が進行中のようですね。私にとってはありがたいことです。


・米ドル:ボリンジャーバンドを徐々に+2σ方向に向かって推移。押し目はボリンジャーバンド+1σ近辺。上昇が比較的穏やかである事から、このまま推移してもおかしくありません。

・ユーロ:ボリンジャーバンドをやや狭くしつつ、ボリンジャーバンド+1σ近辺をサポートに上昇。どこまで上昇するのかわかりませんが、ちょっとずつ売りを仕掛けてもいいのかもしれません。EURUSDはもみ合いから下落基調。

・ポンド:週初めから軟調に推移。大きくは下げないと思うのですが、大きくも上げそうにありません。様子見。GBPUSDは下落基調。

・オージー:ボリンジャーバンドが狭くなり、どちらとも判断しがたいですが、MACD(12,26)が上げ基調であることから、徐々に上げと想定します。AUDUSDは下落基調。

・スイスフラン:25日移動平均線をサポートに徐々に上げています。どこまで上昇するのかわかりませんが、ちょっとずつ売りを仕掛けてもいいのかもしれません。CHFUSDは下落基調。

・加ドル:104円台ではショートかもしれませんが、取れて200pips未満。ダブルトップを形成しつつあるようにも見えます。CADUSDはもみ合い。

・キウイ:狭くなったボリンジャーバンドを-2σ方向に推移。再び軟調に推移しそうです。70円台で踏みとどまれるか?NZDUSDは下落基調。


どの通貨も米ドルで上げ基調なだけですが、急落はどれもあまり考えにくく、頃合いを見計らってロングがどの通貨でも一番正解なのかもしれません。
キウイ(NZDUSD)は中期的に2番底を形成しつつあるようです。スワップ派の方は買い下がっていくのもいいかもしれません。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

商品先物の私的分析 東京穀物 2006年6月23日

粗糖の買建玉は無事決済。これでノンポジになりました。


・粗糖:出来高は戻し気味。25日移動平均乖離率は3.4%程度。一目均衡表で見ると実線は基準線を突破し、遅行線は過去の実線に接近して上げを想定させますが、転換線との乖離が大きい事から調整が入ると思います。下げ想定。

・小豆:出来高はほぼ最低レベル。25日移動平均乖離率は6.2%程度。ボリンジャーバンドの+1σ及び5日移動平均線をサポートに上昇しています。一目均衡表で見ると転換線との乖離が大きいので10000円くらいの指値で売ってみるのもおもしろいかもしれません。

・NON-GMO大豆:出来高は少ない方。25日移動平均乖離率は-4.6%程度。ボリンジャーバンドを-2σ方向に押し広げての下落が続いています。-2σを割ったところでは短期で買いですが、基本は売りです。ボリンジャーバンド-1σがレジスタンス。

・一般大豆:出来高は少ない方。25日移動平均乖離率は-1.6%程度。25日移動平均線をレジスタンスとして下落が続いています。-2σを割ったところでは短期で買いですが、基本は売りです。

・コーン:25日移動平均乖離率は-4.5%程度。ボリンジャーバンドの-1σをレジスタンスに下落しています。-2σを割ったところでは短期で買いですが、基本は売りです。

・アラビカ:出来高は最低レベル。25日移動平均乖離率は-1.1%程度。ごめんなさい。疲れてきたのか、判断不能です。

・ロブスタ:25日移動平均乖離率は3.0%程度。狭くなったボリンジャーバンドを+2σ方向に推移しています。下げトレンドからは脱出したようです。転換線との乖離が大きいので押し目買い対処。


何か売買したいところだけど…個人的な都合で売買は当面お休みです。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 先物取引ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

商品先物の私的分析 東京工業品 2006年6月23日

またしても、週末のみの更新になってしまいました。
細く長くブログは続けていくつもりですので、よろしくお願い致します。


・金:25日移動平均乖離率は-4.0%程度。3日平均足も6月22日から陽線に転じました。パラボリックも同日反転し、上げ示唆となっています。一目均衡表で見ると遅行線が上昇する雲に沿って上昇しています。当面、この動きが継続するのではないでしょうか。

・銀:出来高はほぼ最低レベル。25日移動平均乖離率は-9.0%程度。3日平均足は6月20日から陽線に転じ始めました。パラボリックも6月21日反転し、上げ示唆となっています。一目均衡表で見ると遅行線が上昇する雲の底辺の下を沿うように上昇しつつあるように見えますが、下げトレンド終了とは判断できません。

・白金:25日移動平均乖離率は-1.5%程度。3日平均足は6月19日から陽線に転じています。パラボリックも6月22日反転し、上げ示唆となっています。その一方で25日移動平均線及び基準線に頭を抑えられた格好になっていることから、下げを想定します。

・パラジウム:出来高はほぼ最低レベル。25日移動平均乖離率は-6.3%程度。3日平均足は6月16日から陽線に転じています。一目均衡表で見ると6月14日の転換線との乖離が大きくなったことに対する戻り相場で今後は下げを想定します。

・アルミニウム:出来高は最低レベル。25日移動平均乖離率は-1.7%程度。一目均衡表で見ると、6月14日の転換線との乖離が大きくなった事に対する戻り相場でした。基準線(291.9円)まで戻すようなら売ってもいいかもしれません。

・原油:出来高はほぼ最低レベル。25日移動平均乖離率は2.5%程度。比較的狭くなったボリンジャーバンドを+2σ方向に推移しています。一目均衡表で見ると遅行線は過去の基準線の上にあり、実線も雲の上にありますが、転換線との乖離がやや大きい事から、買いなら短期で。大きく上げたところなら売りで対処がいいのではないでしょうか。

・ガソリン:出来高はやや戻し気味。25日移動平均乖離率は-0.4%程度。25日移動平均線及び基準線近辺で上げとも下げともつきかねます。様子見。

・灯油:出来高は少ない方。25日移動平均乖離率は0.5%程度。ガソリンとほぼ同じですが、一目均衡表で見ると遅行線から判断すると下げトレンドを脱したように見えます。上げ想定。

・ゴム:25日移動平均乖離率は0.3%程度。一目均衡表で見ると遅行線がトリプルトップを形成しつつあるようにみえます。下げ想定。


久々に書くと、こんなに大変な作業だったのかと改めて思います。よく毎日書いていたなぁ。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 先物取引ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

日経平均の私的分析 2006年6月16日

先週は書き忘れていたようです。調子が良くなかったせいもありますが。
今日もそんなに調子が良いわけではないので、日足での分析だけにしておきます。

出来高は週初めにかけて増加傾向でしたが、そこから減少傾向にあります。
ボリンジャーバンドの-2σ方向に押し広げての下落も水曜日で止まり、戻しに入り、ボリンジャーバンド-1σ(14840.16円)をかろうじてクリアしています。
MACD(12,26)の下落も木曜日で終わり、金曜には上げてきています。
3日平均足も金曜日で陽線になり、先行き上昇を期待させます。

一目均衡表では転換線との乖離の大きさから戻しただけのように見えます。かろうじて転換線をクリアしていますが、ここしばらくはずっと転換線をかろうじてクリアした後は再び下落を繰り返しているので、今回の水曜日の下げで一段落と考えるのはまだ早いと思います。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 経済ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IMMポジションを見て 2006年6月18日

6月13日時点のIMM投機筋ポジションです。

Immall20060613
米ドルの売越減少は順調に進んでいるようです。ロングが約19000枚の増加、ショートが約40000枚の減少で、売越は約92800枚まで減っています。来週はこれほど減らないとは思いますが、流れは変わらないのではないでしょうか。

Immotr20060613
ユーロはロングが約29800枚の減少、ショートが約3500枚の減少で、買越は約61800枚に減っています。

ポンドはロングが450枚の増加、ショートが約640枚の増加で、買越は約22100枚でほぼ変わらず。

オージーはロングが約800枚の減少、ショートが約1200枚の増加で、買越は約12000枚に減っています。

スイスフランはロングが約5500枚の減少、ショートが6700枚の増加で、約2900枚の売越に転じています。

加ドルはロングが約2100枚の増加、ショートが約8400枚の減少で、買越は約33400枚に増えています。

円はロングが約7800枚の減少、ショートが約22800枚の増加で、約9600枚の売越に転じています。

Immnzd20060613
キウイはロングが120枚の増加、ショートが35枚の減少で、約2300枚の買越にやや増えています。

ユーロの買越減少は想像通りでしたが、円は福井総裁の村上ファンドスキャンダルの影響か、予想より早く売越に転じました。まだ、売越は少ないのでこれからに期待したいところです。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

為替の私的分析 2006年6月16日

先に書いておきますが、今の状態でクロス円のショートは危険だと思います。
ポンドとかスイスフランとか思わずショートしたい範囲なのは確かなんですけどね。


・米ドル:狭いボリンジャーバンドを+2σ方向に弱いながらも推移しています。転換線との乖離が大きいので若干の調整はあるかもしれませんが、基本は上げだと思います。

・ユーロ:ボリンジャーバンド+2σは146.23円。まだ上値余地はあるようです。転換線との乖離も大きくありません。EURUSDは雲をサポートに上昇中。

・ポンド:ボリンジャーバンド+2σを超えていますし、転換線との乖離も大きく、とってもショートしたい感じです。GBPUSDは遅行線が過去の転換線をサポートに上昇中。

・オージー:狭いボリンジャーバンドを+2σ方向へ推移。ですが、一目均衡表では様子見。AUDUSDは下げ基調。

・スイスフラン:ボリンジャーバンドを+2σ方向へ推移。一目均衡表ではやや転換線との乖離が大きいもののもう少し乖離が欲しいところです。CHFUSDはやや戻し基調。

・加ドル:下げの始まり近辺でしょうか。下値余地はそれなりにありそうです。CADUSDは雲の上辺まで下げてきました。

・キウイ:雲の底辺に上昇を阻まれている格好です。遅行線も過去の基準線に上昇を阻まれていて、しばらく弱い基調が続きそうです。NZDUSDは下げ基調。


やっぱりポンドはショート有利ですかね?分割ポジション取りならいいのかも。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

商品先物の私的分析 東京穀物 2006年6月16日

しばらくブログ書いていなかったせいか、かなり疲れます。
頑張って書きます。


・粗糖:底値模索中?40000割れは買いと思います。3日平均足は陽線に転じました。急速に下がってきている25日移動平均線(42800円)を超えていけるか?

・小豆:上昇基調。ボリンジャーバンド+1σ(9590円)か転換線(9550円)での押し目買い狙い。

・NON-GMO大豆:下げ止まったかどうか微妙ですが、転換線との乖離が大きかった後は基準線まで戻しているので、今までの動き通りなら買い。

・一般大豆:上サヤ発会したものの陰線引け。25日移動平均線(33140円)か基準線(33180円)で指値売り?

・コーン:上サヤ発会したもののストップ安。5日移動平均線(18700円)か転換線(18800円)で指値売り?

・アラビカ:ボリンジャーバンド+1σ(18790円)、転換線(18715円)を超えてきたものの、今まで通りなら絶好の売り場だと思います。

・ロブスタ:トリプルボトムを形成しそうな感じになってきました。ボリンジャーバンドも狭くなっていてどちらかに今後動いていく事を予測させます。上げ?


粗糖の買建玉をしぶとく持っていたりします。基準線までの上げを期待しているのですが、期待し過ぎですかね。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 先物取引ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

商品先物の私的分析 東京工業品 2006年6月16日

結局、週末しか更新できませんでした。
細く長くブログを続けていくつもりです。


・金:6月14日、15日に逆ばり買いサインが点灯していました。CCI(14日)の順ばり売りサインが6月14日に点灯。転換線との乖離からして、買いが正解だったようです。25日移動平均乖離率は-8.4%程度。一目均衡表では遅行線がかろうじて雲の底辺にサポートされた格好。当面、遅行線が雲をサポートに上昇すると考えると、2155円指値買いあたりでしょうか。

・銀:6月15日に逆ばり買いサインが点灯していました。CCI(14日)の順ばり売りサインは6月14日に-150オーバーで6月15日に手じまうべきだったでしょう。25日移動平均乖離率は-13.5%程度。5日移動平均線(377.3円)程度の逆指値で買い、ボリンジャーバンドの+1σ(397.2円)を当面の目標という感じでしょうか。

・白金:6月14日に弱い逆ばり買いサインが点灯していました。CCI(14日)の順ばり売りサインは6月13日に点灯し、翌日寄りで売りと出ましたが、転換線との乖離が大きく、外れだったようです。25日移動平均乖離率は-5.2%程度。一目均衡表では実線がかろうじて雲の底辺にサポートされた格好ですが、戻りとしては弱いように思えます。様子見。

・パラジウム;6月14日に逆ばり買いサインが点灯していました。CCI(14日)の順ばり売りサインは6月9日に点灯し、-200を突破した6月14日を見て6月15日に寄りで決済が正しかったようです。25日移動平均乖離率は-10.5%程度。一目均衡表では転換線との乖離の訂正局面。様子見。

・アルミニウム:CCI(14日)の順ばり売りサインが6月9日に点灯し、6月12日の寄りで売るところまでは簡単でしたが、決済の判断はCCI(14日)ではうまく行かなかったようです。一目均衡表で転換線との乖離が大きくなったところが決済のタイミングでした。ちょっと難しかったですね。戻りの局面から脱しきったわけではないようです。売り?

・原油:方向感が掴めません。様子見。

・ガソリン:遅行線がかろうじて雲の底辺にサポートされた格好。62450円付近の指値買い?

・灯油:CCI(14日)が6月14日に順ばり売りサイン点灯。ですが、転換線と乖離が大きかったせいか、不調でした。これもちょっと方向感掴めません。様子見。

・ゴム:ダブルトップ形成でこのまま260円台まで下げかと見ています。なんとなく。


銀の売建玉はおいしいところをほとんど取らずに決済してしまいました。損しなかっただけよかったと自分を慰めています。だって、転換線と乖離が大きくて怖かったんですよ。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 先物取引ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

商品先物の私的分析 その他 2006年6月12日

ちょっと眠れないので、地方商品取引所を応援するために、単独上場している銘柄を分析してみたいと思います。

大阪商品取引所
・ニッケル:日を跨いだときの値動きの大きさがなんといっても魅力の1つ。期先だと証拠金が15000円とリーズナブルなのも魅力に上げていいでしょう(オリエント貿易の浪漫飛行取扱銘柄です)。んで、肝心要の分析ですが、出来高は減少傾向。25日移動平均乖離率は-5.6%程度。この間まで狭いボリンジャーバンドを+2σ方向に押し広げていたのですが、最近は急落中です。比較的狭いボリンジャーバンドを-2σ方向に押し広げようとしているところのようです。CCI(14日)はバックテストの結果は必ずしも良好ではありませんが、順ばり売りサインが点灯しています。当たればでかいでしょう。


関西商品取引所
・冷凍えび:1日でもそれなりに値動きがあり、日を跨いだ値動きはどちらかと言えば穏やかなようです。取扱業者が少ないのが残念なところです。比較.comではオリエント貿易の浪漫飛行の取扱銘柄になっていますが、誤りだと思います。んで、分析ですが、出来高は中くらい。25日移動平均乖離率は1.5%程度。比較的狭いボリンジャーバンドを+1σを超えて推移中。CCI(14日)のバックテストはしていませんが、順ばり買いサインが点灯しています。一目均衡表では雲の底辺がレジスタンスで、遅行線は過去の転換線がレジスタンス。買いだとすれば正念場ですので、注意が必要です。


中部商品取引所
・鶏卵:サヤが大きく、分析しづらいのがこの銘柄の特徴でしょうか。比較的一方向に動く傾向が強いように思えるので、うまくとらえればそこそこ取れそうです。間違ったと思ったらすぐ撤退した方がいいということでもあります。今まで見たところだと、発会はかなりの上サヤで、しばらく低下して、その後上昇という動きが多いように思えます。私のような素人には分析不能。

・鉄スクラップ:発会によるサヤは大した事がありませんが、動かないときにはほとんど動かないのに動くときには大きく動く、やっかいな奴です。27500円を超えたら売りで今のところ正解のようです。正直、決済もしくは買いのタイミングは分かりにくいのですが、大体今ぐらいじゃないでしょうか。下値は切り上がってきているし、一目均衡表で実線は雲の中、遅行線は過去の基準線をサポートにできるかどうかというところです。


福岡商品取引所
・ブロイラー:比較.comによると取扱はエース交易のLETACEでのみ取り扱っている模様。ここに挙げてみましたが、長期で見るとそれなりに動きはあるようですが、ほとんど日々変わらぬ値がついていて、トレードの対象には適さないように思えます。これでは分析もできません。

実を言うと書き上げた東京工業品の私的分析を自分のミスで電子の彼方にやってしまい、嫌気がさしたので普段の私的分析はお休みしてしまいました。
代わりに地方商品取引所の単独上場銘柄はどんなかなと思い(普段から監視している銘柄もありましたが)、データを取り込んで見てみました。

皆さんももし、自分のとこの業者さんで地方商品取引所の取扱があったら、たまにチャレンジしてみてはいかがですか?
私?ニッケルの売建、行ってみます!玉砕するかも。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 先物取引ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

IMMポジションを見て 2006年6月11日

6月6日時点のIMM投機筋ポジションです。
今回から、表をpngからjpgに変更しました。

Immall20060606
米ドルの先週の売越増加は一時的なものだったようです。ロングが約500枚の増加、ショートが約36000枚の減少で、売越は約152000枚になりました。来週はこれ以上に売越が減っていると思われますが、どこまで減っているか楽しみです。

Immotr20060606
ユーロはロングが約5700枚の増加、ショートが約2600枚の減少で、約88200枚の買越。

ポンドはロングが約18200枚の減少、ショートが約780枚の減少で、約22300枚の買越。

オージーはロングが約9600枚の減少、ショートが約3300枚の増加で、約13900枚の買越。

スイスフランはロングが約3600枚の減少、ショートが約2400枚の減少で、約9300枚の買越。

加ドルはロングが約1500枚の減少、ショートが約7400枚の減少で、約22900枚の買越。

円はロングが約8900枚の減少、ショートが約4100枚の減少で、約21000枚の買越。

Immnzd20060606
キウイはロングが約700枚の減少、ショートが34枚の減少で、約2200枚の買越。


ユーロだけは買越が増加し、他の通貨は買越が減少していて、ユーロ以外の通貨はショートが有利になってくるのかもしれませんが、クロス円では判断しにくいですね。
ユーロも来週は買越が減少していると勝手に想像しています。

円の買越が本格的に減ってきて売越に転じるのは、逆説的かもしれませんがゼロ金利解除が決定してからなのかもしれません。
ゼロ金利解除したところで絶対的に金利差は大きかったと判断されるのではないかと思うのです。

個人的にゼロ金利解除はこのままの状態では年内無理と考えているので、私の米ドルロングとキウイロングが大きな実を結ぶのはかなり先になりそうです。それまではスワップ派としてじーっと相場を見ていこうと思います。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

東証の投資最低金額、「5万円以上50万円以下」に

東証の投資最低金額、「5万円以上50万円以下」に YOMIURI ONLINE

今日時点で東証で5万円以下で買える銘柄は84銘柄。

5万円以下で安いトップ10は
1.インボイス<9488:東証1部>:3290円
2.ニューディール<4740:マザーズ>:3300円
3.大盛工業<1844:東証2部>:5100円
4.ネクシィーズ<4346:東証1部>:7820円
5.中外鉱業<1491:東証2部>:8100円
6.リソー教育<4714:東証1部>:8300円
7.ニッシン<8571:東証1部>:8500円
8.SDホールディングス<3726:マザーズ>:9010円
9.ライブドアオート<7602:東証2部>:10600円
10.不動建設<1813:東証1部>:11200円
です。

今日時点で50万円出しても買えない銘柄は100を超えています。
100万円出しても買えない銘柄でも100を超えています。
200万円以上出さないと買えない銘柄は25銘柄です。

高い方も安い方も、これらの銘柄にどうしろというのでしょうね。

ちょっと書いてみただけの記事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

為替の私的分析 2006年6月9日

ここのところ、正直、あまり為替相場を見ていなかったので、チャートを見ながら書いていきます。


・米ドル:狭いボリンジャーバンドを+2σ方向に推移しつつあります。MACD(12,26)はプラス圏に浮上。一目均衡表ではきれいに高値が雲の底辺に弾き返されていて、今後、雲の底辺が下がってくる事から嫌な感じですが、高値では転換線との乖離が大きかったからとも考えられます。遅行線が転換線を上抜きつつあるので、しばらくもみ合いか下げとしても、いずれは上げてくるのではないでしょうか。

・ユーロ:やや広めのボリンジャーバンドの+2σで反落。MACD(12,26)も下げ基調。一目均衡表では高値がやはり転換線との乖離が大きかったようです。しばらく下げを想定します。EURUSDは下げ基調。

・ポンド:方向感が掴めません。様子見。GBPUSDは下げ基調。

・オージー:狭くなってきたボリンジャーバンドを+1σ(85.38円)方向に推移していることから上げを想定します。MACD(12,26)はSignal(9)とゴールデンクロス。AUDUSDは週中から戻し基調。

・スイスフラン:6月6日にボリンジャーバンド+2σ(93.25円)近辺まで上げた後、軟調に推移。25日移動平均線(91.97円)まで下げか?そこでドテン買いもありか?CHFUSDは下げ基調。

・加ドル:ボリンジャーバンド+2σ(103.06円)近辺まで上昇。ショート有利かとも思えますが、急騰したところなので要注意。CADUSDは金曜に急上昇。

・キウイ:ボリンジャーバンド+2σ(72.50円)内で推移。一目均衡表では雲の底辺(72.48円)に差し掛かっていて、遅行線は転換線を上抜けるかどうかというところ。しばらくもみ合いでしょうか。NZDUSDはもみ合い。


米ドルロングとキウイロングがやっとプラスになりそうですが、どちらも雲の底辺に上昇を阻まれそうで怖いです。高金利通貨だし、レバレッジ効かせていないから、多少下げてもいいけど、やっぱりプラスで持っていたいですよねぇ。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

商品先物の私的分析 東京穀物 2006年6月9日

本当は地方の商品取引所を応援する意味で、地方の商品取引所でしか上場していない銘柄もやりたいのですが、体力、気力が持ちません。出来高も少ないので分析しにくいし…
気力がある時は買いてみたいです。書くとすれば、銘柄は大阪ニッケル、中部鶏卵、中部鉄スクラップの3つです。


・粗糖:出来高は減少し、ほぼ最低レベル。ボリンジャーバンドの-1σ(41520円)を超えていけません。超していくようになってくれば、戻りは本格化すると思うのですが。MACD(12,26)は上向きになってきました。Signal(9)も横ばいになってきつつあり、上昇を期待させます。一目均衡表では転換線(41410円)がレジスタンス。

・小豆:出来高の減少は落ち着いてきました。実は6月6日にCCI(14日)が100を超え、順ばり買いサインが点灯していました。月曜日、決済サインが点灯しています。上げを想定すれば、5日移動平均線(9550円程度)で押し目買い。一目均衡表では高値は転換線からの乖離が大き過ぎますが、安値では乖離も大きくなく、安値は拾いたい感じです。

・NON-GMO大豆:出来高は減少傾向。ボリンジャーバンドを-2σ方向に押し広げつつあります。ボリンジャーバンド-1σ(36780円)がレジスタンス。戻り売り有利。MACD(12,26)は横ばいになっているようですが、Signal(9)は下げ基調で、これがもう少し横ばいに近くなってくれるまで、買いは控えた方が良さそうです。一目均衡表では転換線との乖離が大きいところでは買いですが、レジスタンスは基準線から転換線へとどんどん下がってきています。転換線(36750円)で戻り売り。

・一般大豆:出来高は減少傾向。チャートは読みがたいですが、25日移動平均線(33530円)をレジスタンスにしている事からしても下げ基調です。一目均衡表では基準線(33460円)がレジスタンス。こちらのほうがレジスタンスとしては説明がつきやすいです。様子見。

・コーン:出来高は減少傾向。ボリンジャーバンドを-2σ方向に徐々に押し広げつつあります。レジスタンスは5日移動平均線(19070円)。一目均衡表では遅行線が雲の上辺(18900円)に差し掛かり、ここをサポートとして上昇していくのか注目です。

・アラビカ:出来高は減少傾向。下げ基調ですが、下げ止まりつつあるようにも見えます。レジスタンスは5日移動平均線(19010円)。MACD(12,26)は横ばいになりつつあります。様子見。

・ロブスタ:出来高は減少傾向。下げ基調で、下げ止まったとも見えません。レジスタンスもサポートのはっきりせず、読みがたいです。MACD(12,26)は今の値動きでは当てになりません。様子見。

コーヒー系はよくわかりませんでした。どう読み解くべきなものやら。
粗糖の買建玉持ったままですので、粗糖の分析はあまり当てにしないで下さい。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 先物取引ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

商品先物の私的分析 東京工業品 2006年6月9日

週末くらいは頑張って書こうと思います。
ゴムの買建玉はストップリミットをちょっとキツくしすぎて、薄利で終わってしまいましたorz
もうちょっと考えてストップ入れるべきでした。


・金:どのテクニカル指標を見ても、どのチャートを見ても上昇の気配はほとんどありません。これから新規に入るのであれば、5日移動平均線(2311円)あたりでの戻り売りでしょうか。一目均衡表では転換線との乖離がやや大きいので、欲をかけば転換線(2324円)での戻り売り、素直に行けば雲の底辺(2274円)での戻り売りでしょうか。

・銀:出来高は最低レベル。CCI(14日)が順ばりの売りサイン点灯。今までの検証からすれば、月曜日、寄りで売りです。チャートで見ますと、これから新規に入るのであれば、5日移動平均線(421.0円)あたりで戻り売りでしょうが、そこまで戻せない可能性の方が高そうです。

・白金:出来高は減少中。4368円はちょうどボリンジャーバンド-1σにあたります。ボリンジャーバンドが狭くなりつつある事から考えて素直に売りでいいんじゃないかと思います。

・パラジウム:出来高は回復中。CCI(14日)が順ばりの売りサイン点灯ですが、-139.10なので、失敗する可能性が高いです。25日移動平均乖離率は-11.9%程度。比較的広いボリンジャーバンドの-2σを下抜けていて、弱い逆ばり買いサインが点灯している事から、月曜日は若干戻す可能性の方が大きいです。一目均衡表でも基本は下げですが、転換線との乖離が大きい事から戻す可能性が大きいと思います。

・アルミニウム:出来高は回復中。CCI(14日)が順ばりの売りサイン点灯。今までの検証からすれば、月曜日、寄りで売りです。一目均衡表では転換線との乖離が大きいので戻す可能性が高いと思います。欲をかけば雲の底辺(292.7円)ですが、そこまでは難しいと考えるなら5日移動平均線(290.3円)でしょうか。

・原油:出来高は増加し、ほぼ最高レベル。ボリンジャーバンドは狭くなりつつあり、25日移動平均線の上にあることから、上げを想定したいところですが、MACD(12,26)は下げ基調。一目均衡表では転換線と基準線がほぼ同レベルで、実線はそれを挟んでいて、判断しがたいですが、遅行線が過去の基準線を割りそうです。様子見または売り。

・ガソリン:出来高は回復傾向。CCI(14日)が順ばりの売りサイン点灯。今までの検証からすれば、月曜日、寄りで売りです。一目均衡表では実線が今後、雲の底辺(64755円)をレジスタンスにしそうな感じです。安値では転換線との乖離が大きいので、雲の底辺あたりで戻り売り。

・灯油:狭いボリンジャーバンドをやや下に推移しています。25日移動平均線(67840円)で戻り売り。一目均衡表では雲の上辺(68420円)が今後のレジスタンスになりそうです。遅行線が過去の基準線(67230円)を割りそうなので、それを見届けてから売りでもいいのかもしれません。

・ゴム:出来高は再び増加傾向。上げを想定すれば、5日移動平均線(310.4円)かボリンジャーバンド+1σ(308.4円)で押し目買いなのですが。一目均衡表では遅行線だけ見るとダブルトップを形成しつつあるようにも思えますので、押し目買いするならストップをきっちり設定しましょう。転換線(204.6円)を割れるようなら上げは終わりなのかもしれません。


久しぶりに書くと、やはり苦労します。
押さえるところは押さえたつもりですが、両義的になってしまった箇所もあり、どうしたものかと思いましたがそのままにしました。
個人的にはCCIで売りサインの出た銘柄から海外動向などを考慮して売ってみたいと思います。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 先物取引ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

今後、不定期更新になります

ココログのメンテナンスや、体調の悪い日を除いて毎日更新してきましたが、体調の悪化のため、今後は体調のいい日のみ更新することにしました。
相場のいいタイミングで常に更新できるとは限りませんが、今後ともご愛顧よろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

商品先物の私的分析 東京穀物 2006年6月6日

今日はこの記事を書いておしまいにします。為替を書くだけの気力がありません。


・粗糖:出来高は減少傾向。落ち着いてきた5日移動平均線がサポートになっているようです。3日平均足も陽線に転じました。MACD(12,26)も横ばい。明日、41560円でパラボリック反転し、上げ示唆となります。一旦2番底つけにいくかもしれませんが、徐々に上げてきて欲しいです(買建した)。

・小豆:出来高は減少傾向。今日の大陽線の動きはまったく予測つかず。お手上げです。これも天候相場?

・NON-GMO大豆:出来高は減少傾向。下落する5日移動平均線がサポート(それがサポートかい?)。ボリンジャーバンドを着実に-2σ方向へと押し広げています。レジスタンスは-1σ(37030近辺)。一目均衡表では基準線に弾き返された格好になりました。

・一般大豆:出来高は減少傾向。下落が止まりつつあるボリンジャーバンドの-1σ(33040円近辺)をサポートにしているようです。3日平均足は陽線に転じましたが、昨日のストップ高の影響で信用しきれません。パラボリックは反転し、上げ示唆となっています。こちらも基準線(33455円)で弾き返されてしまうのでしょうか?

・コーン:出来高は減少傾向。昨日の上げをすべて吐き出しました。弱い基調に変化はないと見ていいものでしょうか。狭いボリンジャーバンドを-2σ方向に押し広げつつあり、下落する5日移動平均線がレジスタンスになっていることから、下げ想定継続です。一目均衡表でも雲の底辺を割りつつあり、19000円割れが待ち遠しい感じです(別に売建してません)。

・アラビカ:出来高は減少傾向。ボリンジャーバンドの-1σ(19690円近辺)を超せなかったのは下げ継続の証と見ます。MCAD(12,26)の上向き加減はダマシだったようです。一応、明日19430円でパラボリック反転し、上げ示唆となりますが、こちらもダマシの可能性の方が大きいかもしれません。一目均衡表では転換線がレジスタンスになった格好です。

・ロブスタ:出来高は減少傾向。ボリンジャーバンドの-1σを超え、フラットになりつつある5日移動平均線をサポートにしている分、アラビカよりは強いです。3日平均足は陽線2日目ですが、ここのところ、陽線を2、3日描いては陰線続きで下落しているので、底が掴めません。判断保留。


粗糖は買建仕掛け早まったでしょうか。NY覗いてみましょう…早まったようですorz
アラビカの逆指値は成立せず。

下記のバナーをクリックしていただけると、ランキングが上がり、ブログを書く気力もわきますので、ご協力お願い致します(右クリックで(Macの方はコマンド+クリックで)別ウィンドウで開くでもいいのでお願いします)。

にほんブログ村 先物取引ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

商品先物の私的分析 東京工業品 2006年6月6日

ガソリン、昨日売っておいて良かった…

金のCCI(14日)の寄りで決済も正しかったようで、良かったです。この指標は100超えたら買い、100割ったら決済、-100超えたら売り、-100割ったら決済という使い方が一般的ですが、私のバックテスト(っていうほどのものでもないけど)かなりの高率でどの銘柄にも寄りでの売買に有効です。欠点は損益が予測できない事です。薄利かもしれず、比較的大もうけかもしれず、そして時に大損かもしれません。100を超えたらと書きましたが150を超えるようだとうまくいかない確率が高まります。


・金:出来高はやや減少傾向。MACD(12,26)は下げ基調のまま。5日移動平均線がレジスタンスになっているようでは、しばらくジリ下げかもしれません。一目均衡表では雲の上辺をまだサポートにしていますが、もうじき転換線すら雲の上辺を割りそうです。

・銀:出来高は少ないまま。MACD(12,26)は下げ基調のまま。こちらも5日移動平均線がレジスタンスになっているようで、ジリ下げのようです。一目均衡表では転換線をレジスタンスとしていて、もうじき雲の底辺をレジスタンスにしつつあり、弱い基調のままです。

・白金:5日移動平均線と25日移動平均線がもうすぐデッドクロスしそうですが、上昇中の25日移動平均線をかろうじてサポートにしているようでもあります。3日平均足は陽線に転じました。一目均衡表では転換線をレジスタンスにしているようです。上げを想定するなら、25日移動平均線のやや下(4430円くらい)で買い、転換線(4477円、今日の高値)を超していけないようなら素早く撤退でしょうか。

・パラジウム:出来高は少ない方。MACD(12,26)はやや上向きが確実になってきました。ゴールデンクロスはもう少し先のようです。5日移動平均線(1277円近辺)をサポートにしているので、この水準で買い、25日移動平均線(1330円程度)を目標にするか、基準線(1319円程度)を目標でしょうか。3日平均足も陽線になりました。パラボリックも反転し上げ示唆となりました。

・アルミニウム:出来高は減少傾向。MACD(12,26)は下げ基調。ボリンジャーバンド-2σの方向にやや押し広げつつあるようです。5日移動平均線(295.8付近)の下がレジスタンス。一目均衡表では高値が雲の底辺にきてしまい、非常に弱いです。遅行線が雲の上辺(287.5円付近)や雲の底辺(282.7円付近)をサポートにできるか注目です。

・原油:MACD(12,26)がプラス圏へ。今日はボリンジャーバンド+1σをレジスタンスにしたようです。一目均衡表では雲の上辺近辺がレジスタンス。25日移動平均乖離率が1.6%程度であることからこのレジスタンスを超えたら上値余地も出てくると思います。

・ガソリン:出来高はやや回復したもののほぼ最低レベル。他については原油とほぼ同じです。

・灯油:原油をすべてプラス圏に引き上げたような形で、油系の中では一番強い形です。それでいて25日移動平均乖離率は2.4%程度。まだ上値余地はありそうです。

・ゴム:出来高は減少傾向(多い方)。5日移動平均線をサポートにしています。ボリンジャーバンド+1σの上を推移していて、25日移動平均乖離率は7.1%程度とやや大きめですが、上値余地はありそうです。3日平均足は陽線2日目。一目均衡表では転換線の上下を推移していて中立といった感じでしょうか。


ゴムを今日の寄りで買ってみました。ゴムの分析は欲目が入っているかもしれませんので、注意して下さい。

下記のバナーをクリックしていただけると、ランキングが上がり、ブログを書く気力もわきますので、ご協力お願い致します(右クリックで(Macの方はコマンド+クリックで)別ウィンドウで開くでもいいのでお願いします)。

にほんブログ村 先物取引ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

村上ファンドショックについて思う事

需給悪化懸念があるのは確かですが、彼らの投資基準は間違っていなかったと考えるなら、村上ファンドの保有銘柄の下落局面は買いであったと私は思います。
だいだい、会社自体のものでないスキャンダルによる株価の下落は買い局面である事の方が多いと感じています。

大量保有銘柄を書いて下さっているブログを見つけたのでリンクしておきますね。

あなたは村上ファンドの投資基準を信用しますか?需給悪化を懸念しますか?

下記のバナーをクリックしていただけると、ランキングが上がり、ブログを書く気力もわきますので、ご協力お願い致します(右クリックで(Macの方はコマンド+クリックで)別ウィンドウで開くでもいいのでお願いします)。

にほんブログ村 経済ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IMMポジションを見て 2006年6月6日

週末、調子が悪くて書いていなかったので、私的分析はさておいて、5月30日時点のIMM投機筋ポジションについて書こうと思います。ちょっと遅いですが。

Immall20060530
米ドルはまさかの売越増加です。ロングが約9200枚の減少、ショートが約39400枚の増加で、売越は217200枚程度にまで膨らみました。逆に考えるとここまで投機筋が売越していて、値水準はこの程度なのですから、下値余地はあまりないと考えてもいいんじゃないかと思っています。

Immotr20060530
米ドル以外すべての通貨が買越です。これはこれですごいと思いませんか?

ユーロはロングが約9500枚の増加、ショートが約1700枚の増加で、約79900枚の買越。

ポンドはロングが約9000枚の増加、ショートが約100枚の減少で、約39700枚の買越。

オージーはロングが約5300枚の増加、ショートが約5200枚の減少で、約26800枚の買越。

スイスフランはロングが約100枚の増加、ショートが約2000枚の減少で、約10500枚の買越。

加ドルはロングが約9000枚の増加、ショートが約7000枚の減少で、約31700枚の買越。

円はロングが約6400枚の増加、ショートが約1000枚の減少で、約25700枚の買越。

Immnzd20060530
キウイはロングが約100枚の増加、ショートが約4600枚の増加で、約2800枚の買越。

キウイの上昇が止まったのにはショートの増加が背景にあるようです。

ユーロの買越増加とECBが0.5%利上げするのではという観測はどうも逆な気がしてなりません。自分たちの買越を正当化するために0.5%利上げという観測をしているように感じるのですがどうでしょう?
ユーロ圏は各国経済状況が一律ではありません(当たり前だけど)から、一気に0.5%も利上げしたら景気後退する国も出てきてしまうのではないかと思います(ちゃんと経済指標調べた訳ではありませんので念のため)。

円が未だに買われているのも正直解せません。利上げしたところで、絶対的に金利差は大きな影響がないわけですから。

と、自分の米ドルロングを正当化しつつ、キウイのロングはちょっと失敗だったかなぁ〜と思うのでした。NZの政策金利発表までどきどきです。

投資は自己責任で。

下記のバナーをクリックしていただけると、ランキングが上がり、ブログを書く気力もわきますので、ご協力お願い致します(右クリックで(Macの方はコマンド+クリックで)別ウィンドウで開くでもいいのでお願いします)。

にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

商品先物の私的分析 東京穀物 2006年6月5日

こちらでもそれなりに書けるでしょうか。頑張ってみます。


・粗糖:ボリンジャーバンドを-2σ方向に押し広げる動きは止まったと判断していいでしょうか。MACD(12,26)も横ばいになってきました。RSI(14日)も28.57と、25を上回ってきました。3日平均足はまだ陰線ですがややプラス方向に強い形です。ポラボリックも41950円で反転し、上げ示唆となります。どこまで反発できるか見物です。

・小豆:出来高は減少傾向。正直、まだテクニカル分析できるような状態ではないと思いますが、ボリンジャーバンドの+1σ(9180円あたり)を超えてきたので、再び上げてくるかもしれません。ただ、3日平均足はまだ陰線のままです。

・NON-GMO大豆:出来高はやや減少傾向。値動きが急過ぎてどう分析していいか戸惑っています。これが天候相場ってやつですかい。3日平均足は陽線になりました。パラボリックも反転し上げ示唆となりました。転換線との乖離が大きかった昨日の安値は買いどころだったのでしょうね。今日の高値は基準線に頭を抑えられています。これを超えれば、雲の底辺(38400円あたり)まで期待していいのでしょうか?

・一般大豆:出来高は減少傾向(ストップ高だからか)。こちらもいままでの値動きから今日のストップ高を予想しろというのは酷だと思うのですが、どうですか?転換線との乖離が大きかったのがチャンスと言えばチャンスだったのかもしれません。こちらは基準線(33460円あたり)を超えていかないと下げトレンド終了とは判断できかねます。

・コーン:こちらは6月1日向けにズバリと予測できたと思うのですが、正直、そのまま下げていくと思っていました。ボリンジャーバンドも狭いですしね。雲の底辺がだいたいのサポートだったと考えれば、まあ、つじつまが合っているのかもしれません。今日の上げでも高値はまだ転換線(19450円)の下です。これを超えていくようならまた上げていくかもしれませんね。

・アラビカ:出来高は減少傾向。5日移動平均線を超えてきましたがボリンジャーバンドの-1σ(19820円)を超せずにいます。転換線も19740円でこれも超せずにいます。これを超えるようなら戻り確定と考えていいのではないでしょうか。

・ロブスタ:出来高は減少傾向。5日移動平均線と、ほぼ同レベルのボリンジャーバンド-1σを超えてきました。3日平均足も陽線に転じています。ただ、下げトレンドから脱出したとは言えないので、買いは注意が必要だと思います。下げトレンド脱出と判断するには基準線(15390円)あたりまで上昇してからではないでしょうか。


うーん、所々見逃しがあるかもしれませんが、こんなところです。
粗糖の買い、アラビカの逆指値買いあたりに手を出してみたいところです。

下記のバナーをクリックしていただけると、ランキングが上がり、ブログを書く気力もわきますので、ご協力お願い致します(右クリックで(Macの方はコマンド+クリックで)別ウィンドウで開くでもいいのでお願いします)。

にほんブログ村 先物取引ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

商品先物の私的分析 東京工業品 2006年6月5日

スランプが続いています。分析もなんだかできず、それを表現するのも一苦労です。
ガソリンの買建玉は今日、決済しました。エントリーポイントが悪かったので、マイナス続きながらもやっとプラス圏へ。もう少し上昇するとは思いましたが、利食いしちゃいました。


・金:出来高は回復傾向。今日の高値は転換線に押さえられた格好です。この水準は5日移動平均線でもあります。ここを超えていかないと、上げを想定できません。3日平均足もまだ陰線のままです。CCI(14日)は明日寄りで決済と出ました。この指標、割とよく当たるのですが、今回は外れだったようです。金曜の安値は転換線から乖離しすぎたものの、水準は切り下がっていっているので、今のところ戻り売り有利に見えます。

・銀:出来高は少ないまま。こちらも金と同じで、高値は転換線と5日平均線を超えていけませんでした。3日平均足もまだ陰線のままです。高値も安値も切り下がっているので、今のところ戻り売り有利に見えます。

・白金:ボリンジャーバンド-1σを割らず、25日移動平均線の上に値を戻しています。この調子ならもうしばらく上げそうですが、4500円近辺で頭打ちではないかと思っています。

・パラジウム:出来高は回復傾向。ボリンジャーバンド-1σと5日平均線を超えてきました。25日移動平均線&基準線の1300円ロー程度までは戻しがあるのではないかと思います。

・アルミニウム:出来高は減少傾向。ボリンジャーバンド-1σと5日平均線を超していけませんでした。どちらも299円近辺です。これを超していければ上げていくのかもしれませんが、チャートの形的には戻り売り有利に思えます。

・原油:出来高は回復傾向。一気に上げてきました。ボリンジャーバンドは比較的狭くなっているので、動いた方につくのが正解だと思います。一目均衡表では転換線との乖離がやや大きくなってきている事、遅行線をサポートしていた過去の基準線が今後、横ばいになる事から調整は少し入るかもしれません。

・ガソリン:出来高は減少し最低レベル。3日平均足は強い陽線に転じました。今日の上げで下げトレンドから脱出したと判断してもいいかもしれません。他は原油とほぼ同様と見ます。

・灯油:出来高は減少し最低レベル。3日平均足は強い陽線に転じました。他は原油とほぼ同様と見ます。遅行線のサポートが過去の転換線のようですから、まだ上げ余地はあると思います。

・ゴム:出来高は減少傾向。ボリンジャーバンドの+1σと5日平均線を超えてきたので、また上げそうです。3日平均足は陽線に転じました。25日移動平均乖離率は8%弱とやや大きいものの、再び320円をトライしにいくかもしれません。


先週までと違ってちょっとは書けるようになったようです。当たっているかどうかは別問題ですが。
ゴム、買ってみようかな?

下記のバナーをクリックしていただけると、ランキングが上がり、ブログを書く気力もわきますので、ご協力お願い致します(右クリックで(Macの方はコマンド+クリックで)別ウィンドウで開くでもいいのでお願いします)。

にほんブログ村 先物取引ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

商品先物の私的分析 東京穀物 2006年6月2日

東京工業品の分だけでいっぱいいっぱいって感じなのですが、頑張って書いてみようと思います。
簡単に済ませようと思います。


・粗糖:出来高は回復傾向。ボリンジャーバンド-2σを押し広げながら下落が続いています。3日平均足も陰線のままです。

・小豆:出来高はピークアウト?ボリンジャーバンド+1σ近辺(9160円近辺)をレジスタンスにするかもしれません。

・NON-GMO大豆:出来高は上昇一服。ボリンジャーバンドを-2σ方向に押し広げながら下落中。安値は-3σまで下げているので戻していますが、下げ基調だと思います。

・一般大豆:出来高は回復傾向。ボリンジャーバンドを-2σ方向に押し広げながら下落中。

・コーン:出来高は回復傾向。狭いボリンジャーバンドを-2σに押し広げながら下落中。

・アラビカ:ボリンジャーバンドを-2σ方向に押し広げながら下落中。5日平均線の19450円を明確に超えられるかどうかで、戻りがあるかどうかが決まるかと思います。

・ロブスタ:出来高は減少傾向。方向感が掴めません。様子見。


本当に簡単になってしまいました。一目均衡表は今のところ見る余裕がありませんでした。下落しすぎていて見ても分析しきれないというのもあるのですが。

下記のバナーをクリックしていただけると、ランキングが上がり、ブログを書く気力もわきますので、ご協力お願い致します(右クリックで(Macの方はコマンド+クリックで)別ウィンドウで開くでもいいのでお願いします)。

にほんブログ村 先物取引ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

商品先物の私的分析 東京工業品 2006年6月2日

ダウンし続けて気がつけば土曜日のこんな時間。
今ひとつやる気が起こりませんが、頑張って書いてみます。


・金:出来高は急増回復中。フラットになったボリンジャーバンド-2σ近辺でかろうじて反発しました。MACD(12,26)はマイナス圏に突入。RSI(14日)は25.01。CCI(14日)は寄りで売りが有利であることを示唆しています。一目均衡表では高値が雲の上辺、安値は雲の底辺の上で、安値から見ると転換線との乖離が大きいのですが、遅行線は過去の転換線を割り、弱い形のままです。雲が今後、上昇していくことから考えて雲の上辺に沿って上昇していくことも考えられますが、まだはっきりしません。

・銀:出来高は少ない方。下げ気味のボリンジャーバンド-2σ近辺でかろうじて反発しました。MACD(12,26)は再び下落。RSI(14日)は24.45。売られ過ぎ感はありますし、CCI(14日)はまだ売りサインは出ていません。一目均衡表では高値は雲の底辺の下で、遅行線も過去の基準線を割り、弱い形のままです。雲が今後、あまり上昇しないことからしても、良くて横ばい、下げと見るのが妥当だと思います。

・白金:高値ですら25日移動平均線を割り、MACD(12,26)はSignal(9)とデッドクロス。RSI(14日)も50を割り、下げを想定。CCI(14日)はまだ売りサインは出ていません。一目均衡表では安値は転換線との乖離が大きいですが、基準線をレジスタンスにしそうな気配です。どんなに戻しても今後下がってくる転換線止まりではないでしょうか。

・パラジウム:出来高は回復傾向。安値はボリンジャーバンドの-2σ近辺でかろうじて反発しました。MACD(12,26)もまだ下げ基調です。CCI(14日)はまだ売りサインは出ていません。一目均衡表では安値は転換線との乖離が大きいですが、転換線をレジスタンスにしそうな気配です。雲の中を下げ基調で、良くても横ばいだと思います。

・アルミニウム:出来高は回復傾向。安値はボリンジャーバンドの-2σ近辺でかろうじて反発しました。MACD(12,26)もまだ下げ基調です。CCI(14日)はまだ売りサインは出ていません。一目均衡表では安値は転換線との乖離が大きいですが、転換線または雲の上辺をレジスタンスにしそうな気配です。良くても底倍だともいます。

・原油:下げ気味の25日移動平均線をレジスタンスにしています。3日平均足はわずかながらも陽線2日目。一目均衡表では転換線をサポートに、遅行線は過去の基準線をサポートにしています。やや上げ基調を想定します。

・ガソリン:出来高は減少傾向。下げ気味の25日移動平均線をレジスタンスにしています。3日平均足はわずかながらも陰線3日目。一目均衡表では雲の底辺をサポートにしているようですが、遅行線は過去の基準線を割っていて原油より弱い形です。

・灯油:出来高は少ない方。やや下げ気味の25日移動平均線の近辺を上下しています。3日平均足は陰線3日目。一目均衡表では転換線をサポートにしているようです。遅行線は過去の転換線を割っていて原油より弱いがガソリンより強い形です。

・ゴム:出来高は減少傾向。5日平均線を割って下げていて、25日移動平均線をサポートにできるか注目です。3日平均足は陰線3日目。一目均衡表では基準線をサポートにできるか注目です。


分析自体や分析結果を書くのに非常に苦労しました。
難しい局面だからなのか?調子が戻っていないせいなのか?

下記のバナーをクリックしていただけると、ランキングが上がり、ブログを書く気力もわきますので、ご協力お願い致します(右クリックで(Macの方はコマンド+クリックで)別ウィンドウで開くでもいいのでお願いします)。

にほんブログ村 先物取引ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

本日はお休み 2006年6月1日

遅く帰ってきた上に、体調が悪く、とても分析してブログ更新できる状態ではありません。
今日はお休みさせて下さい。すみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

為替の私的分析 2006年5月31日

米ドル高が進行中?いよいよ買い戻しが本格化してくれるのでしょうか?


・米ドル:25日移動平均線あたりをうろうろしているのは昨日と変わりませんが、転換線が上昇してきた事でまた上げる余地が出てきたと思います。レジスタンスとなるはずの基準線も下げてきてもうすぐ転換線と基準線についてだけは好転しそうです。

・ユーロ:書いている現在、やや下げていますが、ちょっと逆ばりショートはやめておいた方が良さそうです。まだ上げてくる余地がありそうです。

・ポンド:書いている現在、やや(ポンド的に)下げていますが、ユーロと同じで逆ばりショートは控えた方が良さそうです。

・オージー:書いている現在、割と(オージー的に)下げています。スワップを気にしない方ならショートもありかな?もう遅いかな?

・スイスフラン:書いている現在、やや下げていますが、ちょっと逆ばりショートはやめておいた方が良さそうです。まだ上げてくる余地がありそうです。

・加ドル:ショートするとしたらこれでしょうか。他の通貨と違って上げの日柄的にですけど。

・キウイ:急激な上げは期待できませんが、順調に上げていきそうな気配です。遅行線が過去の実線(安値)に差し掛かっているので、これが当面のクリアすべき目標となり、それをクリアできる頃には雲の底辺が待ち構えています。


眠くなってきたせいか、分析とは言えないほど簡単になってしまいました。すいません。
朝に書くべきだとは分かっているのですが、なかなかできそうにありません。

下記のバナーをクリックしていただけると、ランキングが上がり、ブログを書く気力もわきますので、ご協力お願い致します(右クリックで(Macの方はコマンド+クリックで)別ウィンドウで開くでもいいのでお願いします)。

にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

商品先物の私的分析 東京穀物 2006年5月31日

こっちも簡単に。


・粗糖:出来高はやや回復傾向。とてもまだ下げ止まったなどとは口が裂けても言えません。3日平均足も強い陰線を継続しています。25日移動平均乖離率は-11%台から-10%台になったものの、これは25日移動平均線が下げてきているからです。悪魔のささやきは今が買いだと言っていますw

・小豆:出来高は急増し、最高レベルへ。とてもテクニカル分析などできるサヤではありません。

・NON-GMO大豆:出来高は急回復中。弱い逆ばり買いサインが点灯しましたが、ボリンジャーバンドの幅がそれほど広くないので当てになりません。やるならデイトレするくらいの勢いで。

・一般大豆:出来高は回復傾向。ボリンジャーバンドの幅がどんどん狭くなっています。仕掛けるのはまだ早いと思います。

・コーン:出来高はほぼ最低レベル。ボリンジャーバンドの幅がどんどん狭くなっています。19700円くらい(転換線および遅行線での基準線あたり)を指値に売りでしょうか?

・アラビカ:出来高は回復傾向。下げ止まりを確認できません。スローストキャスティクスがゴールデンクロスしそうですが、当てになるのでしょうか?

・ロブスタ:出来高は回復傾向。下げ止まりを確認できません。アラビカと違ってスローストキャスティクスも買いを示していません。明確に新規で売りとも言えません。


本当に簡単になっちゃいました。すいません。

下記のバナーをクリックしていただけると、ランキングが上がり、ブログを書く気力もわきますので、ご協力お願い致します(右クリックで(Macの方はコマンド+クリックで)別ウィンドウで開くでもいいのでお願いします)。

にほんブログ村 先物取引ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

商品先物の私的分析 東京工業品 2006年5月31日

今日も遅くなってしまいました。場中は全然見ていません。
どうなったことでしょう?


・金:出来高は減少傾向。ほとんど値動きがないので、昨日と一緒です。3日平均足は陰線ながらもわずかに強い形になりました。

・銀:出来高は最低レベル。MACD(12,26)は横ばいから上向きになりました。3日平均足は陽線でわずかに強い形です。パラボリックは463.6円で反転し、上げ示唆となります。25日移動平均線(465.94円)や基準線(463.40円)が当面の目標でしょう。

・白金:3日平均足は陰線に。パラボリックは4552円で反転し、下げ示唆となります。ボリンジャーバンド+1σ近辺かつ転換線近辺となっていて、正念場です。

・パラジウム:出来高は減少し、最低レベル。3日平均足はわずかに陽線でやや強い形です。ボリンジャーバンドの-1σを超えてきた事、一目均衡表では実線は転換線をサポートにし、遅行線は過去の基準線の下ながらも沿って上昇している事から、もうしばらく上げてくると思います。

・アルミニウム:出来高は回復傾向。25日移動平均線と基準線をレジスタンスに下落しましたが、転換線と雲の上辺がサポート。3日平均足は陰線になりました。早計ながらトリプルトップ形成中と思いつつも判断保留。

・原油:出来高は減少傾向。3日平均足はわずかに陰線になりました。25日移動平均線を超せなかった事、遅行線をサポートしていた過去の基準線がしばらく横ばいになることからもみ合いを想定します。

・ガソリン:3日平均足は陰線になりました。こちらも結果的に25日移動平均線を明確に超していけなかった事、遅行線が過去の基準線の下に行ってしまった事から、良くてももみ合い程度を想定します。

・灯油:3日平均足は陰線になりました。原油やガソリンほど弱くはないものの、ボリンジャーバンドの+1σを超していけなかった事、実線のサポートが基準線あたりであることからもみ合いを想定します。

・ゴム:出来高は急増中。3日平均足は陰線になりました。かろうじてボリンジャーバンドの+1σをサポートにしたことから、また上げてくるのかもしれません。


今日は昨日とうってかわって簡単になっちゃいました。どっちがいいんでしょう?

下記のバナーをクリックしていただけると、ランキングが上がり、ブログを書く気力もわきますので、ご協力お願い致します(右クリックで(Macの方はコマンド+クリックで)別ウィンドウで開くでもいいのでお願いします)。

にほんブログ村 先物取引ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »