« IMMポジションを見て 2006年6月6日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年6月6日 »

2006年6月 6日 (火)

村上ファンドショックについて思う事

需給悪化懸念があるのは確かですが、彼らの投資基準は間違っていなかったと考えるなら、村上ファンドの保有銘柄の下落局面は買いであったと私は思います。
だいだい、会社自体のものでないスキャンダルによる株価の下落は買い局面である事の方が多いと感じています。

大量保有銘柄を書いて下さっているブログを見つけたのでリンクしておきますね。

あなたは村上ファンドの投資基準を信用しますか?需給悪化を懸念しますか?

下記のバナーをクリックしていただけると、ランキングが上がり、ブログを書く気力もわきますので、ご協力お願い致します(右クリックで(Macの方はコマンド+クリックで)別ウィンドウで開くでもいいのでお願いします)。

にほんブログ村 経済ブログへ

|

« IMMポジションを見て 2006年6月6日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年6月6日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/10411019

この記事へのトラックバック一覧です: 村上ファンドショックについて思う事:

« IMMポジションを見て 2006年6月6日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年6月6日 »