« 為替の私的分析 2006年7月28日 | トップページ | IMMポジションを見て 2006年7月30日 »

2006年7月30日 (日)

日経平均の私的分析 2006年7月28日

カブドットコム証券の先物・オプション口座の開設とSBIイー・トレード証券の信用取引口座の開設をじぃっと待っている今日この頃です。
今が一番幸せなのかもしれません。取引開始したら戦々恐々になるでしょうから。
初戦は白星で飾りたいものです。


さて、日経平均ですが、軟調に推移すると思っていたら、意外に堅調でした。月曜下げて始まったものの下髭を出して陽線引け。水曜は陰線だったものの、その後大きく上げました。

出来高は依然として少ないもののやや回復傾向。
日足の遅行線が過去の基準線を上抜けしたこと、週足の遅行線が小さいダブルボトムを形成しつつあることから、やや強気に考えていいのかもしれません。
直近高値の15710円は週足の基準線がレジスタンスとして機能したものと考えられ、ここを超していけるかが今後を左右する事になるのでしょう。
ただし、それを超えると日足の雲の上辺が控えているので、難しいところではあります。


なんだか玉虫色の分析になってしまいました。
上げ想定だが、上値は限定的かもしれないというのが結論でしょうか。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 経済ブログへ

|

« 為替の私的分析 2006年7月28日 | トップページ | IMMポジションを見て 2006年7月30日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/11151745

この記事へのトラックバック一覧です: 日経平均の私的分析 2006年7月28日:

« 為替の私的分析 2006年7月28日 | トップページ | IMMポジションを見て 2006年7月30日 »