« IMMポジションを見て 2006年7月23日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年7月28日 »

2006年7月29日 (土)

商品先物の私的分析 東京工業品 2006年7月28日

結局、1週間に1度の更新になってしまいました。
水曜日にデータを取り込んだまではやったのですが、分析する気力がありませんでしたorz


金:2300円ロー(25日移動平均線)をサポートに上昇。遅行線も過去の基準線にほぼサポートされました。レジスタンスは転換線でした。上げ想定。

銀:出来高は少なめ。398円ミドル(25日移動平均線)をサポートに上昇。実線は一目均衡表の雲の中を推移していますが、遅行線が過去の基準線を上抜けてきています。上げ想定。雲の上辺(433円ロー)を上抜けるか?

白金:金曜の終値で25日移動平均線を割ってしまいました。とはいえ、そこは基準線。おだやかなトリプルトップを形成しつつあるようにも見え、判断難しいですが下げ想定。

パラジウム:出来高は最低レベル。ボリンジャーバンドはかなり狭くなっていて、動いた方に素直についた方が良さそうです。どちらかと言われたら下げ、でしょうか。

アルミニウム:出来高はほぼ最低レベル。一目均衡表の雲の底辺に沿って下げてきました。雲の底辺が今後わずかですが上昇してくることもあり、ゆるやかに上昇でしょうか。

原油:出来高は少ない方。ボリンジャーバンドの+1σ及び一目均衡表の転換線がレジスタンス。上昇する25日移動平均線をサポートにしていていますが、DMIはトレンド転換を示唆しているように思えます。下げ?

ガソリン:出来高はどちらかといえば少ない方。5日移動平均線をサポートに上昇しています。高値圏で怖いので私なら無理に買いには入りませんけど、25日移動平均乖離率は4%弱で決して高くないともとれますねぇ。

灯油:出来高は増加傾向。25日移動平均線がサポートで、ボリンジャーバンド+1σがレジスタンス。25日移動平均乖離率は2%弱。ガソリンと一緒で判断難しいです。

ゴム:下げトレンド明確ですが、一目均衡表の遅行線が雲の底辺をサポートにしているようにも思えます。大きな値動きは期待できないかもしれませんが、そろそろ上げ?


売買とは関係ありませんが、油系が高いのは生活に負担になりますよねぇ。
直接的にも間接的にも物価に影響を及ぼします。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 先物取引ブログへ

|

« IMMポジションを見て 2006年7月23日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年7月28日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/11143846

この記事へのトラックバック一覧です: 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年7月28日:

« IMMポジションを見て 2006年7月23日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年7月28日 »