« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月30日 (日)

IMMポジションを見て 2006年7月30日

7月25日時点のIMM投機筋ポジションです。

Immusd20060725

米ドルはロングが約26000枚の増加、ショートが約10500枚の増加で、約16600枚の売越に減少しました。
値動きからして、来週は売越増加でしょうか。なかなか買越に転じません。


Immotr20060725

ユーロはロングが約1100枚の減少、ショートが約260枚の増加で、約50300枚の買越に減少しました。

ポンドはロングが約6200枚の増加、ショートが約640枚の増加で、約22700枚の買越に増加しました。

オージーはロングが約6400枚の増加、ショートが約1300枚の増加で、約33400枚の買越に増加しました。

スイスフランはロングが約1500枚の減少、ショートが約4000枚の増加で、約21000枚の売越に増加しました。

加ドルはロングが約300枚の増加、ショートが約15000枚の増加で、約5400枚の売越に転じました。

円はロングが約1400枚の減少、ショートが約6400枚の増加で、約77000枚の売越に増加しました。


Immnzd20060725

キウイはロングが約1900枚の増加、ショートが約20枚の増加で、約5400枚の買越に増加しました。





今回から、米ドル、その他、キウイの3つにしました。米ドルの売越が多かったせいで他の通貨の動向が見づらいと思ったので。

水曜辺りから動きが変わったので、今回の結果はちょっと見る意味が薄いように感じます。
ただ、先週書いたように、円高がそろそろやってくるというのは先週に予測できたことですからねぇ。
他の通貨に関して言えば、ユーロは徐々に買越減少傾向なので、ショート有利、オージーは買越上限ぽいので逆ばりでショート有利、といったところでしょうか。
加ドルは微妙ですが、それ以外の通貨は円高で打ち消されて上げは限定的、あるいはショート有利と思いました。

皆さんはどう読み取りますか?

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日経平均の私的分析 2006年7月28日

カブドットコム証券の先物・オプション口座の開設とSBIイー・トレード証券の信用取引口座の開設をじぃっと待っている今日この頃です。
今が一番幸せなのかもしれません。取引開始したら戦々恐々になるでしょうから。
初戦は白星で飾りたいものです。


さて、日経平均ですが、軟調に推移すると思っていたら、意外に堅調でした。月曜下げて始まったものの下髭を出して陽線引け。水曜は陰線だったものの、その後大きく上げました。

出来高は依然として少ないもののやや回復傾向。
日足の遅行線が過去の基準線を上抜けしたこと、週足の遅行線が小さいダブルボトムを形成しつつあることから、やや強気に考えていいのかもしれません。
直近高値の15710円は週足の基準線がレジスタンスとして機能したものと考えられ、ここを超していけるかが今後を左右する事になるのでしょう。
ただし、それを超えると日足の雲の上辺が控えているので、難しいところではあります。


なんだか玉虫色の分析になってしまいました。
上げ想定だが、上値は限定的かもしれないというのが結論でしょうか。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 経済ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

為替の私的分析 2006年7月28日

水曜から円買いが進みましたね。ロングポジション持っていた方、利食いできましたでしょうか?
私は累積スワップに心を惑わされ、米ドルロング、キウイロング持ったままですorz


米ドル:サポートラインとして考えていた115円ミドルを下抜けてしまいました。難しそうですが、一目均衡表の雲の上辺をサポートにできるか?

ユーロ:25日移動平均線と基準線(146円ミドル)を下抜けてしまいました。絶好の買い場と見るか、素直に売り場と考えるかは微妙なところです。EURUSDは反発中。

ポンド:逆ばりショートがやはり有効だったようです。もうそろそろ決済し時でしょうか。GBPUSDは反発中。

オージー:こちらは思ったほど下げませんでした。様子見。AUDUSDは上昇中。

スイスフラン:これも外れました。スイスフランショートで100pips取れれば十分というものでしょう。CHFUSDはリバウンド中。

加ドル:ロングしだすのはもうちょっと様子を見てからの方が良さそうです。CADUSDは反発中。

キウイ:遅行線が雲の上辺をきれいにブレイクできなかったのが痛いです。69円割れも視野に入れておいた方がいいかもしれません。NZDUSDは下落中。


米ドルは200pips取れていた時点で決済すべきでした。
キウイは72円ハイで買ってしまっていた分のポジションを利益が出ているうちに閉じておくべきでした。
我ながらトレードへたくそだよなぁ。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

商品先物の私的分析 東京穀物 2006年7月28日

東京工業品の記事を書くだけで1時間以上使ってしまいました。
これも1時間かかるのかなぁ。ふぅ〜。


粗糖:出来高は少なめ。火曜日ストップ高になった後は木曜ストップ安。金曜に逆ばり買いサインが点灯しました。下げトレンドでなのは確かなので、買ったら利食えるときにサッサと。

小豆:出来高は回復傾向。ずいぶんと上サヤなので判断難しいですが、逆ばり売りでしょうか。ただし、10500円は割れないのではないでしょうか。

NON-GMO大豆:値動きが大きくないので様子見。

一般大豆:トレンドは下げですが、大きく下げたところはド短期で買い。素直に行くなら5日移動平均線(33148円)以上で売建。

コーン:出来高は最低レベル。25日移動平均線(19123円)をサポートにできませんでした。一目均衡表の雲の上辺(19240円)まで上げるようなら売建。

アラビカ:下げ止まり?一目均衡表の雲の底辺をさまよっていますが、今後、雲の底辺が上昇していくこと、MACD(12,26)が下げ止まったこと、スローストキャスティクスが低位でゴールデンクロスしたことから上げ想定。

ロブスタ:値動き激しいですね。一目均衡表の転換線との乖離が大きくなったところで逆ばりはやはり有効です。今時点では様子見。


テレビ見ながら書いたので、1時間かかってしまいましたw
いや、分析は真面目にしたつもりですよ。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 先物取引ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

商品先物の私的分析 東京工業品 2006年7月28日

結局、1週間に1度の更新になってしまいました。
水曜日にデータを取り込んだまではやったのですが、分析する気力がありませんでしたorz


金:2300円ロー(25日移動平均線)をサポートに上昇。遅行線も過去の基準線にほぼサポートされました。レジスタンスは転換線でした。上げ想定。

銀:出来高は少なめ。398円ミドル(25日移動平均線)をサポートに上昇。実線は一目均衡表の雲の中を推移していますが、遅行線が過去の基準線を上抜けてきています。上げ想定。雲の上辺(433円ロー)を上抜けるか?

白金:金曜の終値で25日移動平均線を割ってしまいました。とはいえ、そこは基準線。おだやかなトリプルトップを形成しつつあるようにも見え、判断難しいですが下げ想定。

パラジウム:出来高は最低レベル。ボリンジャーバンドはかなり狭くなっていて、動いた方に素直についた方が良さそうです。どちらかと言われたら下げ、でしょうか。

アルミニウム:出来高はほぼ最低レベル。一目均衡表の雲の底辺に沿って下げてきました。雲の底辺が今後わずかですが上昇してくることもあり、ゆるやかに上昇でしょうか。

原油:出来高は少ない方。ボリンジャーバンドの+1σ及び一目均衡表の転換線がレジスタンス。上昇する25日移動平均線をサポートにしていていますが、DMIはトレンド転換を示唆しているように思えます。下げ?

ガソリン:出来高はどちらかといえば少ない方。5日移動平均線をサポートに上昇しています。高値圏で怖いので私なら無理に買いには入りませんけど、25日移動平均乖離率は4%弱で決して高くないともとれますねぇ。

灯油:出来高は増加傾向。25日移動平均線がサポートで、ボリンジャーバンド+1σがレジスタンス。25日移動平均乖離率は2%弱。ガソリンと一緒で判断難しいです。

ゴム:下げトレンド明確ですが、一目均衡表の遅行線が雲の底辺をサポートにしているようにも思えます。大きな値動きは期待できないかもしれませんが、そろそろ上げ?


売買とは関係ありませんが、油系が高いのは生活に負担になりますよねぇ。
直接的にも間接的にも物価に影響を及ぼします。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 先物取引ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

IMMポジションを見て 2006年7月23日

7月18日時点のIMM投機筋ポジションです。

Immall20060718

米ドルはロングが約43000枚の増加、ショートが約12000枚の減少で、約32000枚の売越です。
なかなか買越に転じませんねぇ。


Immotr20060718

ユーロはロングが約24500枚の減少、ショートが約1700枚の増加で、約52000枚の買越に減少しました。

ポンドはロングが約3200枚の増加、ショートが約130枚の減少で、約17000枚の買越に増加しました。

オージーはロングが約8700枚の増加、ショートが約2600枚の減少で、約28000枚の買越に増加しました。

スイスフランはロングが約2000枚の減少、ショートが約6200枚の増加で、約15000枚の売越に増加しました。

加ドルはロングが約6600枚の減少、ショートが約4300枚の減少で、約9300枚の買越に減少しました。

円はロングが85枚の増加、ショートが約48000枚の増加で、約69000枚の売越に増加しました。


Immnzd20060718

キウイはロングが約2900枚の増加、ショートが約1600枚の減少で、約3600枚の買越に転じました。




円の売越は今までの通りならそろそろ売越が急減少する水準に達しているようです。
ロングしている方は急落に注意しましょうね(もちろん、私もね)。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日経平均の私的分析 2006年7月21日

日経225miniが18日から(でしたっけ?)開始になりましたね。
カブドットコム証券は有価証券を証拠金にすることができるようですが、SBIイートレード証券は不可(証拠金は現金のみ)のようです。
売らない約束になっている自社株はSBIイートレード証券にあるので、こちらは今更ながら信用取引口座を開設してETFの売買で代用し、うまくいったら先物オプション口座を開設しようと思います。
カブドットコム証券の先物オプション口座は昨日、Web審査を受け、近々口座開設です。


さて、日経平均ですが、週足でサポートとして機能していた雲の上辺を安値で割り込み始め、出来高も減少傾向と、中期的に下げそうな気配がひしひしとしてきます。
日足では弱いリバウンドしていますが、雲の底辺が下がってきていて、上値は限定的なのではないかと思います。


下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 経済ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

為替の私的分析 2006年7月21日

米ドルロングとキウイロングはずっとほったらかしでした。
スワップ溜まるからいいかなって。レバレッジあまり効かせてないですしね。


米ドル:118円手前までの上昇はちょっと急過ぎだったようです。その後の調整はあってしかるべきだと思います。基準線と転換線、25日移動平均線が強力にサポートしてくれると思っています。

ユーロ:きれいな上昇トレンドですが、148円弱はちょっと急過ぎだったようです。目先調整でしょうか。EURUSDはリバウンド中。

ポンド:狭かったボリンジャーバンドを+2σ方向へ強力に押し広げて上昇ですが、ちょっと急過ぎのようです。逆ばり分割売り有利か?GBPUSDは上昇中。

オージー:狭かったボリンジャーバンドを+2σ方向へ強力に押し広げて上昇ですが、ちょっと急過ぎのようです。逆ばり分割売り有利か?AUDUSDはもみ合い。

スイスフラン:上下動を繰り返しつつ、基本はきれいな上昇トレンド。安易な売りは避けたいところです。CHFUSDはリバウンド中。

加ドル:逆ばり分割売買するのに適した通貨になったようです。タイミングを見計らって上手に売買したいですね。CADUSDは下落中。

キウイ:73円オーバーはちょっと急過ぎたようです。調整中。一目均衡表では遅行線が雲の上辺に抑えられています。最悪、71円ローまでの下落もあるかもしれません。NZDUSDは上昇中。


日銀のゼロ金利解除は個人的にはちょっと早まったんじゃないかと思いますが、それで円安になるのだから相場は難しいです。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

商品先物の私的分析 東京穀物 2006年7月21日

分析力だけじゃなく、表現力も落ちているようです。
ま、徐々にってことで。


粗糖:前回安値あたりまで下げてきました。もう少し下げたら逆ばり分割買いが有効かもしれませんね。

小豆:上昇トレンド継続中。素直に買いでしょうか。

NON-GMO大豆:一目均衡表の雲の底辺に沿って下落中。ただ、値動きが大きくないので様子見がいいかもしれません。

一般大豆:だいたい5日移動平均線をレジスタンスに下落中。ただ、値動きが大きくないので様子見がいいかもしれません。

コーン:だいたい5日移動平均線をレジスタンスに下落中。25日移動平均線(19000円弱)がサポートになるか?

アラビカ:25日移動平均線のブレイクに成功したと思いきや、反落。素直に売り?

ロブスタ:一目均衡表の転換線がレジスタンスで基準線がサポート。どちらともとれません。様子見。


1ヶ月近くも相場を離れると、やはりだめですねぇ。
どれを見ても上げにも見えるし下げにも見えるw

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 先物取引ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

商品先物の私的分析 東京工業品 2006年7月21日

なんだかチャートを見るのが久々なので、(今までも別に当たってないけど)分析力が落ちているような気がします。


金:25日移動平均線と基準線あたりの2300円弱までは下落もあり?

銀:一目均衡表の雲の底辺をレジスタンスに下落。25日移動平均線(397.37円)をサポートにできるか?

白金:かろうじて25日移動平均線をサポートにしたようですが、目先は下落か?

パラジウム:ボリンジャーバンドが狭くなっていて、ボラティリティが低下しているようです。一目均衡表では雲の底辺をレジスタンスに、基準線をサポートにしていて、動いた方向に素直についた方がよさそう。

アルミニウム:ボリンジャーバンドが狭くなっていて、ボラティリティが低下しているようです。一目均衡表では雲の底辺をレジスタンスに、基準線をサポートにしていて、動いた方向に素直についた方がよさそう。

原油:7月14日からほぼ一直線に下落中。25日移動平均線と基準線の49700円あたりをサポートにできるか?

ガソリン:7月14日からほぼ一直線に下落中。25日移動平均線と雲の上辺あたりの66000円あたりをサポートにできるか?

灯油:7月14日からほぼ一直線に下落中。25日移動平均線の69500円あたりをサポートにできるか?

ゴム:リバウンド中だが、トリプルトップの後だけに上昇は限定的かも。


いや〜、我ながらいまひとつのコメントです。
リハビリ中ってことで勘弁して下さい。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 先物取引ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

入院していました

更新が滞っていましたが、やる気をなくしたとかそういうわけではありません。
入院していたのです。
相場から長い事離れていたので、ちょっと浦島太郎気分です。

また、ぼちぼち始めていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »