« 相場倉庫がまた壊れている… | トップページ | 東証と大証の差 »

2006年8月20日 (日)

為替の私的分析 2006年8月18日

キウイの利食いは早まったなぁとちょっと後悔。まあ、プラスで決済できたのだからヨシと前向きに考えます。


米ドル:3日連続で終値が25日移動平均線とほぼ同じでした。下値は一目均衡表の雲の上辺にサポートされているようですが、上にも下にも行きにくい状況になるのではと考えています。

ユーロ:史上最高値を更新し続けています。上昇トレンドが崩れる気配は今のところ見えず、安易なショートは厳禁だと思います。EURUSDは高値圏のボックス?

ポンド:大外れ。天井のショートし時でした。216円ミドルあたりに25日移動平均線と一目均衡表の基準線がいますから、これをサポートにできるか。GBPUSDは下落中。

オージー:週末に一気に崩れました。89円オーバーした前にもみ合った水準の87円ローを下抜けたら、下げが加速するかもしれません。AUDUSDは下落中ただしボックス範囲内。

スイスフラン:レンジ相場との認識に変化なし。93円〜94円。CHFUSDはこう着状態。

加ドル:ショート!と言いたいところですが、一目均衡表の転換線が上昇中で、ちょっと危険です。25日移動平均線と一目均衡表の雲の上辺と基準線がある、102円ミドルを割るならショートでしょうか。取れる値幅は100pips前後?CADUSDは上値を抑えられている。

キウイ:ちょっと上昇の勢いがなくなってきています。日足では4月19日近辺の74.69を超していけるかが鍵になるように思えます。週足ではまだまだ上昇余力があるように見えるので、期待したいところです。NZDUSDは4月28日近辺高値まで上昇。


私の米ドルロングはスワップをしばらく稼ごうと思います。キウイロングは長く持ちっぱなしで行こうかと。余力が500%超えているので、そろそろ新しいポジション持ちたいところですが、値幅が取れそうで、自分の納得のいくポジションが取れそうに思えるまで、じっくり待ちたいと思います。今のところではポンドショートが候補ですが、状況次第です。

先週の記事は眠気と戦いながら書いたので、ヘボいコメントでした。すいません。今日は頑張ったつもりですが、どうでしょうか。
下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 為替ブログへ

|

« 相場倉庫がまた壊れている… | トップページ | 東証と大証の差 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/11521725

この記事へのトラックバック一覧です: 為替の私的分析 2006年8月18日:

« 相場倉庫がまた壊れている… | トップページ | 東証と大証の差 »