« 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年8月18日 | トップページ | 日経平均の私的分析 2006年8月18日 »

2006年8月19日 (土)

商品先物の私的分析 東京穀物 2006年8月18日

オリエント貿易の方でNON-GMO大豆を売買しようかと考えてから、早一週間。相場を全然見ていなかったので、何もせずに過ぎてしまいました。買おうかな、売ろうかな。


粗糖:出来高は回復傾向。25日移動平均乖離率は-12%強。CCI(14日)は-109で、DMIを見ても、ここまで下げてもまだ下げそうな勢いです。かと言ってここから売るのも怖いです。行くところまで行くのを待ちたいところです。

小豆:出来高は最低レベル。25日移動平均乖離率は-1%ちょっと。一目均衡表で見ると基準線がレジスタンスになっています。DMIはトレンド転換が間近であることを示しているように思えます。売り有利か?

NON-GMO大豆:出来高は最低レベル。25日移動平均乖離率は-3%弱。一目均衡表で見ると転換線がレジスタンスとなっています。DMIも下げトレンドの始まりを示しているようです。ほぼ売り有利でしょう。売建ちゃおうかな。

一般大豆:出来高はほぼ最低レベル。25日移動平均乖離率は-2%弱。一目均衡表で見ると雲の底辺をレジスタンスにして下げていっていますね。DMIも下げトレンドの始まりを示しているようです。

コーン:出来高は最低レベルから回復傾向。トレンドが見えません。様子見。

アラビカ:出来高は最低レベル。25日移動平均乖離率は1%弱。一目均衡表で見ると実線は転換線と基準線の間を行き来。遅行線は雲の底辺をレジスタンスにしています。DMIは下げ始めを示しているようですし、25日移動平均線(19620円くらい)を割ったら、一目均衡表の雲の底辺もレジスタンスとして機能し、下げるのではないでしょうか。

ロブスタ:25日移動平均乖離率は4%程度。実線が一目均衡表の基準線を割ったときは転換線との乖離が大きく、その後反発。転換線をサポートにしました。下がったら買い。アラビカと違ってトレンドは上げのようです。


来週こそ、NON-GMO大豆、売建してみようかな。少なくとも注文は出そうと思います。ちゃんとニュースとかも確認しておかなきゃ。大豆サビ病とか。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 先物取引ブログへ

|

« 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年8月18日 | トップページ | 日経平均の私的分析 2006年8月18日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/11501117

この記事へのトラックバック一覧です: 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年8月18日:

« 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年8月18日 | トップページ | 日経平均の私的分析 2006年8月18日 »