« 日経平均の私的分析 2006年8月25日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年8月25日 »

2006年8月26日 (土)

為替の私的分析 2006年8月25日

意外なほど円安が進んでいますね。キャピタルゲインもインカムゲインもたっぷり取れそうです。


米ドル:レジスタンスだったボリンジャーバンドの+1σを超えたら、一気に上げてきましたが、ボリンジャーバンド+2σ範囲内に収まりました。ヘッドアンドショルダーを拒否した形になりましたので、まだ上げてくると思います。

ユーロ:史上最高値を更新し続けています。上昇トレンドが崩れる気配は今のところ見えず、安易なショートは厳禁だと思います。先週と同じってことです。EURUSDはレンジ内で下落。

ポンド:崩れたと思いきや、意外にも上げてきました。テクニカル指標的にも過熱感はほとんどないようです。これも安易なショートは厳禁です。GBPUSDはもみ合い。

オージー:これも崩れたと思いきや、戻してきましたが、ボリンジャーバンドは狭くなっていて、動いた方につくしかなさそうです。MACD(12,26)の逆行現象から考えて、売り有利でしょうか。AUDUSDはもみ合いからやや下げ。

スイスフラン:レンジ相場は終わったようですね。緩やかに水準を上げていくのではないでしょうか。CHFUSDはレンジ内で下落。

加ドル:やはりショートは危険でしたね。一気に上げてきました。こんなに上げるとは思いませんでした。これも安易なショートは厳禁です。CADUSDは上昇中。

キウイ:上昇の勢いこそ落ちたものの、各テクニカル指標の上昇が追いつくのを待っているような感じです。しばらくもみ合いかもしれません。NZDUSDは下落中。


ユーロかポンドのショートを狙っているのですが、今の状態では分割ナンピン売りでも仕掛けたくない感じです。まあ、じっくり米ドルとキウイのスワップと上昇を楽しむとしますか。加ドル以外の通貨ペアは米ドルの上げまたは円の下げで上昇しているようです。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 為替ブログへ

|

« 日経平均の私的分析 2006年8月25日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年8月25日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/11620635

この記事へのトラックバック一覧です: 為替の私的分析 2006年8月25日:

« 日経平均の私的分析 2006年8月25日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年8月25日 »