« 為替の私的分析 2006年8月4日 | トップページ | IMMポジションを見て 2006年8月6日 »

2006年8月 6日 (日)

日経平均の私的分析 2006年8月4日

カブドットコム証券の先物オプション口座で日経225miniの条件付き買注文を出してUターン注文(決済注文)まで出して気長に待ちましたが、買いの約定せず。昨日、また注文を出しましたが、さて、どうなることやら。
SBIイー・トレード証券の信用取引口座は印影不鮮明で書類が帰ってきてしまいました。確かに帰ってきた書類を見たらかすれています。ハンコを押してすぐ封筒に入れた為に、かすれてしまったようです。これは信用取引するなという、神様のお告げなのか?実は口座には現金がほとんどないのです。絶対負けられないってことです。まぁ、入金すればいいんですけど。


さて、日経平均ですが、「上値は限定的」どころかほとんど動きませんでした。
出来高は再び減少傾向にあるようです。
上値は日足のボリンジャーバンド+1σをレジスタンスにしていて、これを上抜いていかないことには上げは望めません。これを上抜けると直近高値の15710円、そしてこれは一目均衡表の雲の上辺とも一致し、今後を決める重要な節目にあると言えそうです。
今回は上げとか下げとかは判断つきません。
「休むも相場」。推移を見守りましょう。


「推移を見守りましょう」と言いつつ、注文出しているのは矛盾しているかもしれませんね。
3Days投資法を日経平均先物に適用してみているところなのです。
詳細はHPを見ていただくとして、この分析Excelシート、買いからしか入らない分析シートなので、時間ができたら売りから入る分析シートを自作しようと思っています。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 経済ブログへ

|

« 為替の私的分析 2006年8月4日 | トップページ | IMMポジションを見て 2006年8月6日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/11300978

この記事へのトラックバック一覧です: 日経平均の私的分析 2006年8月4日:

« 為替の私的分析 2006年8月4日 | トップページ | IMMポジションを見て 2006年8月6日 »