« 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年8月4日 | トップページ | 為替の私的分析 2006年8月4日 »

2006年8月 5日 (土)

商品先物の私的分析 東京穀物 2006年8月4日

子猫たちは今度はおなかがすいたと鳴き出しました。やれやれ。
先住猫との折り合いが悪く、それも悩みの種です。頼むから記事書いている間は、おとなしくしててくれ。


粗糖:7月限は予想通り、わずかに上げただけで、すぐ下げてしまいました。9月限は上サヤ発会しましたが、下げトレンドには勝てず、5日移動平均線をレジスタンスにして下げました。前回安値とほぼ同じ水準にきているので、39000円割ったところでド根性で逆ばり買建も面白いかもしれません。

小豆:ほぼ予想通り逆ばり売り有利で、10500円は割れませんでした。今回は判断難しいです。金曜日に一目均衡表の転換線をサポートにして上昇しましたが、転換線との乖離がやや大きめです。11000円超えたら逆ばり売建でしょうか。

NON-GMO大豆:金曜日になって大きめに動き出しました。5日移動平均線をサポートに25日移動平均線を上抜けしたので、ここは素直に動いた方に上げ想定。

一般大豆:出来高は最低レベル。大きく下げたところがなかったですね。金曜日の上げで下げトレンドから脱出と見るべきでしょうか。一目均衡表の雲の上辺とほぼ一致しているのがちょっと心配ですが、上げ想定。

コーン:出来高は回復傾向。思いっきり予想外しました。一目均衡表の基準線をサポートにしてグングン上げて一気に雲を上抜きました。25日移動平均線も上向きになり、5日移動平均線がゴールデンクロス寸前です。一目均衡表の遅行線が雲の上辺を上抜いてくれば、前回高値をブレイクする可能性も高いと思うのですが、思いっきり予想外した後だけに判断保留。

アラビカ:月曜こそ25日移動平均線に上昇を阻まれ、水曜までやや軟調に推移したものの、木曜から出来高を伴って一気に上げてきました。CCI(14日)が木曜に150に迫り、金曜に下落したことから、利食い時と思います。

ロブスタ:25日移動平均線をサポートにして大きめに上げました。木曜にはCCI(14日)は200に迫り、金曜に下げた事、一目均衡表の転換線との乖離が大きい事から、売り有利と見ます。


今度はこの記事を書いている間に先住猫が毛玉吐きました。一旦、子猫たちをリビングから避難させ、別の部屋に閉じ込めてから、先住猫を閉じ込めた部屋で後始末。再び、先住猫をその部屋に閉じ込めて子猫たちをリビングへ。そんなこんなでやっと書き上げました。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 先物取引ブログへ

|

« 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年8月4日 | トップページ | 為替の私的分析 2006年8月4日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/11281585

この記事へのトラックバック一覧です: 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年8月4日:

« 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年8月4日 | トップページ | 為替の私的分析 2006年8月4日 »