« 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年9月15日 | トップページ | 日経225miniは約定なし »

2006年9月18日 (月)

日経平均の私的分析 2006年9月15日

日経225miniの3Days投資法による売買注文はもう出してあります。どんな注文だったかは来週、終わってから晒します。ポリシーなんで。先週も書きましたが。

週足で見ると、いよいよ正念場に差し掛かっているのがわかります。一目均衡表で見ると、雲の上辺が上昇している所をサポートに出来るかどうか。遅行線は過去の転換線を割り込み、厳しい状態です。

日足で見ると、高値は25日移動平均線にレジストされていて、狭いボリンジャーバンドを-1σ方向に進みつつあります。一目均衡表で見ると、遅行線が過去の雲の上辺をサポートにしていますが、雲は徐々に下がり始めることや、その雲の上辺を下抜けするとヘッドアンドショルダーが出来上がるので、軟調に推移する可能性の方が高いでしょう。

さて、このような私的分析の中、3Days投資法はうまく機能するでしょうか。
下がったら買い、上がったら売り、ですからね。一方方向に動かれると約定しないか、負ける可能性が高いと思うんです。
まあ、お楽しみです。ちょっとコストを払うことになるかもしれないですね…

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 経済ブログへ

|

« 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年9月15日 | トップページ | 日経225miniは約定なし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/11947201

この記事へのトラックバック一覧です: 日経平均の私的分析 2006年9月15日:

« 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年9月15日 | トップページ | 日経225miniは約定なし »