« 為替の私的分析 2006年9月15日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年9月15日 »

2006年9月18日 (月)

商品先物の私的分析 東京工業品 2006年9月15日

すっかりまったりしてしまい、今回は記事書くのやめちゃおうかな、なんて思いましたが、有言実行しなければと思い、頑張って書こうと思います。


金:先週、下抜けしそうだと書いた通り、ボリンジャーバンド-2σ方向へ下げました。一目均衡表でも雲を下抜けし、遅行線も雲を下抜けしてしまいました。CCI(14)は-155で売られ過ぎなのですが、一旦-200まで下げた後でもあり、不安定な動きをしているので、買いとは言い切れません。様子見。

銀:先週のコメントは外れましたね。完全に売り有利でした。一目均衡表では雲がサポートになってくれるかどうかというところ。CCI(14)は-139とやや売られ過ぎですが、こちらも不安定な動きをしているので、買いとは言い切れません。様子見。

白金:ボリンジャーバンド-2σ方向へ一気に下げました。一目均衡表では雲がサポートになってくれるかどうかというところ。CCI(14)は-149とやや売られ過ぎです。買うならスローストキャスティクスがゴールデンクロスしてから。

パラジウム:様子見せずに売り仕掛けるべきでした。今の水準は上昇する前にもみ合ったあたりなので、今度こそ様子見。仕掛けるなら動いた方に。

アルミニウム:これまた言い訳のしようがないくらい、思いっきり外しました。一目均衡表の雲の薄い所を見事に下抜けしました。様子見。逆張り買建するなら271円ミドルを下抜けしないことを確認してから。

原油:これまた言い訳のしようがないくらい、思いっきり外しました。45000円をキープできるか?様子見。

ガソリン:これ(だけ)は当たったでしょうか。私のExcelシートではもはや下値指示線がわかりません。行く所まで行くのでしょう。

灯油:様子見している場合ではありませんでした。これも行く所まで行くのでしょう。

ゴム:底は確認済みとは言い切れません。一目均衡表の基準線がレジスタンスになってまた下げるかもしれません。高値が下がってきている25日移動平均線にレジストされているのも弱気材料。


私のガソリンと灯油のストラドルはついに含み益になりました。長かった…もう少し粘ってみようと思います。
先週の分析はヘボヘボでした。今週もヘボヘボです。予想と反対に動いたときは一旦、決済して様子見するのが安全です。ドテンいう手もありますが、往復ビンタ食らう可能性もありますからね。様子見して、冷静さを取り戻してからエントリすべきだと思います。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 先物取引ブログへ

|

« 為替の私的分析 2006年9月15日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年9月15日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/11942173

この記事へのトラックバック一覧です: 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年9月15日:

« 為替の私的分析 2006年9月15日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年9月15日 »