« 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年9月1日 | トップページ | 為替の私的分析 2006年9月1日 »

2006年9月 2日 (土)

商品先物の私的分析 東京穀物 2006年9月1日

結局、今週もNON-GMO大豆の売買はしませんでした。とうとう12月限と6月限は逆ザヤになってしまいました。これから逆ザヤが解消に向かうのか見極めてからトレードしたいです。果たして来週は売買できるでしょうか。


粗糖:ちょっと気が早過ぎました。終値で35000円弱をキープできれば、小さいダブルボトム完成なので、37000円を超えてくるようなら買ってもいいかもしれません。

小豆:1万円割るところまでは予想できましたが、そこから急激に上げるのを週末だけで予測はできません。当たった事にしといてください。一目均衡表で見ると実線は雲の上辺がサポート、遅行線は過去の転換線がサポートにできるかが鍵になりそうです。短期で売り。中期で買い。

NON-GMO大豆:三角持ち合い中。来週の動きで方向が決まるか?様子見。

一般大豆:週後半に上げましたが、25日移動平均線をレジスタンスにしています。DMIは上げトレンドの始まりを示唆し始めましたが、一目均衡表で見ると、遅行線が雲の底辺をレジスタンスにしています。下げトレンドからは脱しきれていません。三角持ち合い中。様子見。

コーン:今週もトレンドが見えません。再来週くらいには方向が決まりそうです。

アラビカ:調整完了?買いでOKだと思います。

ロブスタ:上げは終わりと踏んでいましたが、25日移動平均線も割らず、一目均衡表の基準線も割らず、調整完了で買いに判断変更します。


NON-GMO大豆のサヤ取りは2番限と5番限でやることになりそうです。なぜならデータが集まっているから。ただ、2番限はストップ安だったので、その影響は月曜にも残るでしょう。エントリするなら火曜日からってことになりそうです。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 先物取引ブログへ

|

« 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年9月1日 | トップページ | 為替の私的分析 2006年9月1日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/11729862

この記事へのトラックバック一覧です: 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年9月1日:

« 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年9月1日 | トップページ | 為替の私的分析 2006年9月1日 »