« IMMポジションを見て 2006年8月27日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年9月1日 »

2006年9月 2日 (土)

商品先物の私的分析 東京工業品 2006年9月1日

商品先物の売買は開店休業状態です。サヤ取りのお勉強中なもので。
先程、楽天ブックスから注文していたサヤ取りの本も届き、自分の作った分析シートの考え方が間違っていないか、読んでみたい所ですが、試験が間近なので、試験が終わってから読もうと思います。
ブログ書いている場合ではないんですが、気晴らしに。なので、今日は簡単なコメントになっちゃうかもしれません。


金:三角持ち合いのまま。強いて挙げればMACD(12,26)とSignal(9)がゴールデンクロス。DMIのPDI(14)とMDI(14)がクロスし、ADX(9)が下げ始めた。この2点をもって、上げ想定でしょうか。

銀:急激に値を上げました。先週挙げたDMIもダマシになってしまいました。CCI(14)が190と買われ過ぎなので、調整するでしょう。上げトレンド終了はまだのようです。

白金:もみ合いから一気に上昇しました。狭いボリンジャーバンドを+2σ方向に抜けているので、方向は上でしょうが、CCI(14)は295で買われ過ぎです。短期で売り、中期で買い。

パラジウム:ボリンジャーバンドの+1σをサポートに上昇。RSI(14)以外に買われ過ぎを示すものがないので、上げ想定。

アルミニウム:一瞬25日移動平均線を超えたものの、終わってみれば25日移動平均線にレジストされています。が、トレンドラインを引いてみると今回の上げは下げトレンドの終わりを示しているように思います。上げ?

原油:先週金曜の25日移動平均線がレジスタンスになってしまいました。三角持ち合いを下抜けしそうです。戻り売り有利。

ガソリン:底固めしているようにも思えますが、高値は一目均衡表の基準線にレジストされました。遅行線が過去の基準線を上抜いていくのは難しそうです。売り有利。

灯油:当てが外れました。25日移動平均線か一目均衡表の基準線までは戻すかと思ったのですが…週後半の上げは急激な下げに対する戻しでしかないと思いますが、外した後だけに様子見。

ゴム:売った方が良かったですね。週後半にかけて下げの勢いは衰えましたが、油断は禁物。ストキャスティクスは買いだと言っていますが、精々ボリンジャーバンド-1σ(246円ハイ)か一目均衡表の転換線(247円ミドル)止まりではないでしょうか。


簡単ですがポイントは押さえたつもりです。いかがでしょうか?
昼はセミの鳴き声がしますが、夜には秋の虫の鳴き声が聞こえるようになってきました。
残暑は厳しいかもしれませんが、健康に気をつけて、トレードに励みましょう。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 先物取引ブログへ

|

« IMMポジションを見て 2006年8月27日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年9月1日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/11729297

この記事へのトラックバック一覧です: 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年9月1日:

» 実は、株で勝つことは簡単です! [実は、株で勝つことは簡単なんです!]
11万を693万にまで増やした禁断の投資法。あなたは知りたくありませんか・・・? [続きを読む]

受信: 2007年5月24日 (木) 16:59

« IMMポジションを見て 2006年8月27日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年9月1日 »