« 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年10月20日 | トップページ | 為替の私的分析 2006年10月20日 »

2006年10月21日 (土)

商品先物の私的分析 東京穀物 2006年10月20日

晩ご飯、まだなのかな〜。
いい加減、おなかすいてきたんですけど。

サヤ取りはやっとまともな利益を出すことができるようになったかも。
いや、まだ修行中なのは自覚してます。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 先物取引ブログへ

粗糖:出来高は最低レベル。横ばいどころか上げてきましたが、激しい値動きでした。トレンドは、はっきりしません。25日移動平均線は超えているものの、一目均衡表の基準線は33000円ハイ近辺をずっと横に走っていて、これが当面の値動きの基準になりそうです(基準線だから当たり前か?)。

小豆:出来高は最低レベル。下げトレンドは終息しつつありますが、どうやら上げとまでは言えないようですね。終値でダブルボトムを形成しつつありますが、さて?8900円辺りを上抜かないと上げていけないでしょう。

NON-GMO大豆:出来高は急増。調整は金曜までありませんでした。金曜高値の38520円はいくら一目均衡表の転換線が上向きとはいえ、乖離し過ぎですが、トレンドはまだ上げです。

一般大豆:出来高は急増。一目均衡表の転換線が上向きとはいえ、乖離し過ぎですが、トレンドはまだ上げです。ただし、調整は大いにあり得ます。

コーン:出来高は急増。ADX(9)は89.28まで到達。3日平均足は陰線になったものの、売りを仕掛けるには怖過ぎます。買っていないのなら様子見が一番です。

アラビカ:出来高は最低レベル。値動きは心停止状態にほぼ近くなってきてしまいました。動きが出るまで様子見に変更。

ロブスタ:出来高は回復傾向だが少ない方。DMIは下げトレンドの初めかもしれませんが、まだはっきりしません。中期的には上げトレンド継続中なのでしょうが、上値が重いです。金曜にスローストキャスティクスは売りサイン。買ったのなら手じまい。売りは入るべきではないように思えます。


結局、晩ご飯なし。パンでおなかを満たしました。
口をききたくなければ口きかない、ご飯作りたくなければご飯作らない。
いい気なもんです。直接言うのは怖い小心者なので、ここでうさばらし。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 先物取引ブログへ

|

« 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年10月20日 | トップページ | 為替の私的分析 2006年10月20日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/12368008

この記事へのトラックバック一覧です: 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年10月20日:

« 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年10月20日 | トップページ | 為替の私的分析 2006年10月20日 »