« 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年10月20日 | トップページ | 日経平均の私的分析 2006年10月20日 »

2006年10月21日 (土)

為替の私的分析 2006年10月20日

自分の信じる所に従い、加ドルを買いました。
外為については手法が確立していないので、分割ナンピンしか手だてがありません。
取りたいだけポジションを取れるとは限らないのが、何より欠点でしょうね。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 為替ブログへ

米ドル:週足ではボリンジャーバンド+2σをレジスタンスに下落した格好。終値ではボリンジャーバンド+1σを割っていないし、5週移動平均線も割っていないので、上げトレンド継続。4週連続で陽線は少ないので、今週の陰線はあまり気にしていません。日足では「つぶやき」でも書いたように、25日移動平均線と一目均衡表の基準線がサポートになりました。スローストキャスティクスは買いサイン?

ユーロ:先週と同じく、もみ合いからやや下げを想定します。150.50円超えたら売り、148.50円割ったら買いに微調整。EURUSDは1.2500ドルは重要ラインでしたね。割れずに済んだので上昇中。

ポンド:週足ではボリンジャーバンド+1σがサポート。MACDとRSIに逆行現象が見られるので、中期的に下げるかも。日足では金曜になってボリンジャーバンド+2σを一気にブレイク。ボリンジャーバンドが狭くなったところでは、こういうところで順張りしないと(自分はしてませんw)。GBPUSDは遅行線が雲の底辺をサポートに上昇。

オージー:週足ではADX(9)がやや低下。まだ気にするほどではありませんが、上げトレンドの終わりの始まりかも。日足ではADX(9)が上昇。上げトレンド中。短期では上昇しそうですが、中期では絶好の売り場なのかも。AUDUSDは上昇中。一目均衡表の雲のねじれのところを狙って更に上を目指せるか。

スイスフラン:週足では上げトレンドが終了しつつあるかに見えます。まだ明確ではありません。日足ではスローストキャスティクスがゴールデンクロスしたところで買いで正解でした。ボリンジャーバンド+1σの94円ミドルを超えていけないようなら、ドテン売り?CHFUSDは上昇中。

加ドル:週足では終値で5週移動平均線とボリンジャーバンド+1σをキープし、横ばいから緩やかな上昇の間。日足では25日移動平均線は横ばい。ボリンジャーバンド-2σをサポートに上昇。一目均衡表の転換線と基準線がほぼ同じ水準で横ばいであることからしても、今は水準は横ばい。逆張り有利です。CADUSDは上昇。一目均衡表で実線は基準線に、遅行線は雲の底辺に上昇を阻まれるか?

キウイ:週足では5週移動平均をサポートに、ボリンジャーバンド+2σを上に押し広げながら上昇中。一目均衡表では実線が雲の上に、遅行線が過去の基準線の上に出て、一見強そうですが、遅行線が雲の上辺に沿って上昇するのは難しそうです。日足ではMACDに逆行現象が見られる以外は、上げトレンドを否定する材料はありません。NZDUSDは上昇中。


詳し目に書いたつもりですが、かえって分かりにくいですか?
ユーロは別ですけど。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 為替ブログへ

|

« 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年10月20日 | トップページ | 日経平均の私的分析 2006年10月20日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/12369801

この記事へのトラックバック一覧です: 為替の私的分析 2006年10月20日:

» これなら勝てる!驚愕の為替取引必勝法とは? [誰でも勝てる!外国為替証拠金取引(FXトレード)必勝法]
こうすりゃ負けない!今話題の外国為替証拠金取引(FXトレード)の必勝法を公開しております。 [続きを読む]

受信: 2006年10月28日 (土) 22:37

« 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年10月20日 | トップページ | 日経平均の私的分析 2006年10月20日 »