« 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年10月6日 | トップページ | 日経平均の私的分析 2006年10月6日 »

2006年10月 9日 (月)

商品先物の私的分析 東京穀物 2006年10月6日

北海道は大雨で農作物に被害が出ているとか。小豆に影響あるんでしょうか。


粗糖:出来高は最低レベル。DMIは下げトレンドが継続中であることを示しています。N計算値は27100円。38.2%戻しは33170円。ボリンジャーバンド-1σがレジスタンス。売り有利?

小豆:出来高は急減でほぼ最低レベル。DMIは下げトレンドが終わり始めていることを示しているようです。3日平均足も陽線になりました。パラボリックも8770円をつければ反転します。N計算値は9380円。38.2%戻しなら10260円。ボリンジャーバンド-1σ(8840円)がレジスタンスなので、ブレイクしてからでもいいでしょう。

NON-GMO大豆:出来高急減で最低。DMIは上げトレンドが出始めていることを示しているようです。3日平均足も陽線になりました。一目均衡表の雲の薄い今週のうちに雲をブレイクできれば、上げ確定だと思います。

一般大豆:出来高はほぼ最低レベル。DMIは上げトレンドが出ていることを示しています。一目均衡表の遅行線が過去の基準線を上抜くのを見届けてから買い参戦でもいいかも。

コーン:出来高は急増から減少中。DMIは上げトレンド継続中であることを示しています。一目均衡表の転換線との乖離が大きいのですが、転換線は上向きなので、逆張りには適さないと思います。買い参戦していないなら、様子見。

アラビカ:出来高は最低レベル。DMIはトレンドレスであることを示しているようです。一目均衡表の雲の上辺がサポートになるかどうか。スローストキャスティクスに従い売買すれば、いい結果が得られるかも。

ロブスタ:出来高はほぼ最低レベル。DMIはトレンドレスであることを示しているようです。一目均衡表の基準線がサポート。これもスローストキャスティクスに従い売買すれば、いい結果が得られるかも。

コーンのサヤ取りは1組、損切りします。逆張り承知で仕掛けたのですが、駄目でした。
次は順張りで仕掛けようっと。
体育の日だからというわけではありませんが、ネットで落札したチャリンコで走り回りました。サドルが固かったので、お尻が痛いです。痣になっているかも…って相場と全然関係ない話で締めくくり。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 先物取引ブログへ

|

« 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年10月6日 | トップページ | 日経平均の私的分析 2006年10月6日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/12216513

この記事へのトラックバック一覧です: 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年10月6日:

« 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年10月6日 | トップページ | 日経平均の私的分析 2006年10月6日 »