« ネット証券5社、夜間市場運営で大証に協力要請 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年9月29日 »

2006年10月 1日 (日)

商品先物の私的分析 東京工業品 2006年9月29日

サヤ取り練習中なので、掟(?w)に従い、片張りはしませんが、分析は続けて行きます。
チャートリーディングのいい勉強になるからです。
そう、このブログは自分の為なのですよ。


金:出来高はやや回復傾向。先週の分析は割と当たっていたのではないでしょうか。今回はテクニカル指標ほぼフラット。一目均衡表でも基準線と雲の底辺に達していて、先行きは判断つきません。

銀:出来高は週中から回復傾向。先週と同じくほぼ金と同じ。先行きは判断つきません。

白金:私にしては珍しくスローストキャスティクスを買いの根拠としましたが、これまた珍しく当たったようです。金、銀に比べて戻りが弱いのを、上昇余地があるととらえるべきでしょうか?

パラジウム:出来高は少なめ。先週書いた値幅はちょっと保守的過ぎたようです。が、考えは変わらず、1150円を下抜けたら売り、1250円を上抜けたら買い、逆張り派はその範囲内で。

アルミニウム:出来高は週中から減少傾向。これは買いに入るタイミングが難しかったかもしれません。早ければ火曜(一目均衡表の転換線を抜いた)、遅くても木曜(25日移動平均線を抜いた)にはエントリーでしょう。293円(ヘッドアンドショルダーになるかもしれないショルダー近辺)を上抜けないなら、決済。抜けたら保有。

原油:珍しく逆張り買いサインがきれいに機能しました。ボリンジャーバンド-1σを上抜いているので、上値余地あり?46000円ハイ(25日移動平均線、一目均衡表の基準線)が目標。ただし、ボリンジャーバンド-1σを下回るなら決済。

ガソリン:ボリンジャーバンド-1σと一目均衡表の転換線がレジスタンス。下げ止まりを確認したとは言い切れません。

灯油:ガソリンより更に弱い。下げ止まりを確認したとは言えません。

ゴム:また自画自賛。売りはやはり利確で正解だったようです。下げ止まりは確認できませんが、一旦様子見。


私のガソリンと灯油の勘違いストラドルは決済しました。
昨日のセミナーでは、ガソリンと灯油のストラドル自体、あまりよろしくないそうで。
初心者はいっぺんに色々手を出さないこと…う、当てはまってる(T T)

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 先物取引ブログへ

|

« ネット証券5社、夜間市場運営で大証に協力要請 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年9月29日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/12106596

この記事へのトラックバック一覧です: 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年9月29日:

« ネット証券5社、夜間市場運営で大証に協力要請 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年9月29日 »