« いろいろ | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年11月10日 »

2006年11月12日 (日)

商品先物の私的分析 東京工業品 2006年11月10日

昨日はへばってましたが、今日は今の所、元気です。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 先物取引ブログへ

金:出来高は回復傾向。一目均衡表の遅行線も雲を脱出し、実線は転換点をサポートに上げてきました。DMIは弱いものの上げトレンド中を示唆していて、中期下げトレンドからも脱出したようです。

銀:出来高は減少傾向。DMIの上げトレンド示唆はやや落ちましたが。サポートはボリンジャーバンド+1σ及び一目均衡表の転換線であることを再確認。

白金:出来高は回復傾向。出遅れていた白金もついに動き出しました。DMIも上げトレンド発生を示唆していますが、気にかかるのは一目均衡表の遅行線が過去の基準線にレジストされないか、実線が雲の上辺にレジストされないか、です。CCI(14)が200と高いのも懸念材料。

パラジウム:出来高は週中から減少傾向。一目均衡表では難しいと考えていた、遅行線が雲の上辺をサポートにすることに成功。トレンドは明確でないので、逆張り方針です。

アルミニウム:出来高は急増中。一目均衡表の転換線に絡んで激しくアップダウン。25日移動平均線は上昇中なものの、トレンドは明確でないので、一目均衡表の転換線、もしくはボリンジャーバンド+1σを基準に逆張り。

原油:出来高は回復傾向。上げ下げ激しく、トレンドレス。ボリンジャーバンドの幅は急速に狭まっていて、5日移動平均線と25日移動平均線のゴールデンクロスを信じるなら買いですが、一目均衡表の雲が厚いのが上値は重いかもしれないことを示唆しています。遅行線が過去の基準線をブレイクできるのを確認してからでも遅くないかも。

ガソリン:出来高は回復傾向。遅行線が一目均衡表の過去の基準線をブレイクしましたが、実線が雲の上辺にレジストされていて、これはボリンジャーバンド+2σともほぼ一致します。DMIは明確なトレンドを示していませんが、25日移動平均線と一目均衡表の基準線である58200円をサポートにできたので、上げ想定。ただし上値を追うのは避けた方がいいように思えます。

灯油:出来高は回復し多い方。先週の予測は外したと考えた方が妥当なので、様子見。基本的に原油とほぼ同じ。

ゴム:出来高は最低レベル。DMIは下げトレンド開始を示しているようです。スローストキャスティクスからして目先、上げそうですが、そこは絶好の売り場かもしれません。


先週の分析は当たったような当たらなかったような…油系とゴムはちょっと難しいです。
原油と灯油がほぼ同じってことは原油と灯油のストラドルが有効かもしれませんね。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 先物取引ブログへ

|

« いろいろ | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年11月10日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/12652963

この記事へのトラックバック一覧です: 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年11月10日:

» ゴールドファンドを買う前に [金(きん)-GOLD -の基礎知識]
世界各国の金鉱株が投資対象銘柄となるのが、ゴールドファンドである。投資を検討して... [続きを読む]

受信: 2006年11月19日 (日) 11:30

« いろいろ | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年11月10日 »