« 今週の日経225mini 2006年11月17日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年11月17日 »

2006年11月19日 (日)

商品先物の私的分析 東京工業品 2006年11月17日

先程、データの入力を終えたばかり。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 先物取引ブログへ

金:出来高は減少傾向。一目均衡表の遅行線は雲を脱出しましたが、雲はこれから下降していきます。実線は転換点をサポートにできませんでした。DMIは上げトレンドが既に弱まりつつまるようです。中期下げトレンドからは脱出したとの考えも怪しくなってきました。

銀:出来高は減少傾向。DMIの上げトレンド示唆はやや落ちましたが。サポートはボリンジャーバンド+1σ及び一目均衡表の転換線であることを再々確認。

白金:出来高は中間レベル。DMIの上げトレンド発生はもう落ち着きつつあります。一目均衡表の遅行線は過去の基準線でほぼレジストされていて、実線は雲の上辺にほぼレジストされています。今回の上昇はもう終わるのかも。

パラジウム:出来高は最低レベル。一目均衡表では遅行線が過去の基準線まで下落。トレンドは相変わらず明確でないので、逆張り方針です。

アルミニウム:出来高は急減中。一目均衡表の基準線をサポートにできるか。25日移動平均線はほぼ横ばいに。トレンドは明確でないのですが、何となく下げ想定。

原油:出来高は中間レベル。相変わらず上げ下げ激しく、トレンドレス。ボリンジャーバンドの幅は急速に狭まっていて、5日移動平均線と25日移動平均線のゴールデンクロスはダマシに終わりました。スローストキャスティクスによる売買が有効な局面?

ガソリン:出来高は最低レベル。ほぼ完璧に外しました。一目均衡表では遅行線も実線も基準線レベルで、どちらか迷いどころですが、DMIは下げトレンドが発生しつつあるようです。

灯油:出来高はほぼ最低レベル。DMIは下げトレンドが発生しつつあるようです。

ゴム:出来高はやや回復傾向。DMIは下げトレンド明確。下げ想定継続。


ちょっと疲れているようです。自分でも分析がいまいちだと思います。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 先物取引ブログへ

|

« 今週の日経225mini 2006年11月17日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年11月17日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/12744137

この記事へのトラックバック一覧です: 商品先物の私的分析 東京工業品 2006年11月17日:

« 今週の日経225mini 2006年11月17日 | トップページ | 商品先物の私的分析 東京穀物 2006年11月17日 »