« 日経平均の私的分析 2006年12月15日 | トップページ | 5円差… »

2006年12月17日 (日)

IMMポジションを見て 2006年12月17日

12月12日時点のIMM投機筋ポジションです。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 為替ブログへ

Immusd20061212

米ドルはロングが29647枚の増加、ショートが20533枚の増加で、203629枚の売越に4.28%減少しました。



Immotr20061212

ユーロはロングが3013枚の減少、ショートが1431枚の減少で、96683枚の買越に1.61%減少しました。

ポンドはロングが7050枚の増加、ショートが3713枚の増加で、79169枚の買越に4.40%増加しました。

オージーはロングが3558枚の増加、ショートが2045枚の減少で、80914枚の買越に7.44%増加しました。

スイスフランはロングが854枚の減少、ショートが2450枚の増加で、9772枚の売越に51.08%増加しました。

加ドルはロングが1616枚の増加、ショートが7145枚の増加で、52008枚の売越に11.90%増加しました。

円はロングが11722枚の減少、ショートが20301枚の増加で、55560枚の売越に136.05%増加しました。

Immnzd20061212

キウイはロングが2005枚の増加、ショートが92枚の減少で、16567枚の買越に14.49%増加しました。




米ドルの売越は限界でしょうか。

ユーロは買越は一時休止。先週も書いたように、第2基軸通貨として考えるともう4万枚くらい上を狙っても良さそうです。

ポンドの買越は一時休止状態。限界かもしれません。

オージーの買越も一時休止状態。限界かもしれません。

スイスフランのが買越に転じなくても、もう売り時かも。

加ドルの売越は再び増加傾向ですが、限界は近いかもしれません。

日本円の売越は増加し始めたのでしょうか。来週まで判断保留。

キウイの買越は16000枚を超え、ちょっと異常かもしれません。円以外のキャリートレードは続いているってことでしょうね。

値動きとこのポジションから考えて、異常な円安が起こってもおかしくなさそうです。
ショートするなら、注意しましょう。天井を推測するのは危険です。

下記のバナーをクリックしていただけると、こんなヘナチョコブログより良いブログに出会えるかもしれません。
にほんブログ村 為替ブログへ

|

« 日経平均の私的分析 2006年12月15日 | トップページ | 5円差… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170113/13101639

この記事へのトラックバック一覧です: IMMポジションを見て 2006年12月17日:

« 日経平均の私的分析 2006年12月15日 | トップページ | 5円差… »