« 10月第5週。外為取引編 | トップページ | 11月第1週。証券取引編 »

2009年11月 6日 (金)

東京金融取引所はまだ腐っていなかった

「くりっく365」が南アランド/円などの反対売買を実施へ
2009年 11月 6日 21:30 JST ロイター

くりっく365の南アランド/円問題、東京金融取引所(以下、TFX)が遅ればせながら、かなり広範囲な対処をするようです。
実際に対処するのは、値付けしたマーケットメーカーですが、TFXは今後、レートチェック対処も早急に構築するようです。
信頼が完全に回復したとまでは言えませんが、1歩前進したと評価していいのでは。

にほんブログ村 為替ブログへ

ニュース元がなくなった場合に備えて、以下にニュース全文を引用します。

 [東京 6日 ロイター] 外為証拠金取引の取引所「くりっく365」を運営する東京金融取引所(TFX)は6日、10月30日付の取引で南アフリカランド/円が一時実勢レートから大きくかい離した問題で、異常なレートで約定された取引と、それが原因となって強制執行された損失確定取引(ロスカット)について、申請があれば約定したレートでの反対売買を実施すると発表した。

 反対売買の対象となるのは、当時の市場実勢で11円付近だった南アランド/円が「くりっく」で8円台を付けた取引と、それがきっかけとなって発動された他通貨ペアを含むロスカット売買。投資家のポジション保有状況によっては利益が出ている可能性もあるため、希望者のみを対象とする。「くりっく」の取り扱い各社が13日午後3時まで受け付ける。値付けをするのは、8円台で取引を成立させたマーケットメーカー1社。

 TFXによると、南アランド/円が急落したのは、30日付の取引終了直前の31日午前4時59分。南アランドなど新興国通貨の流動性が急速に低下する中、マーケットメーカー1社が「急激な変動を踏まえ、同社のシステムに従って、極めて広いスプレッドのレートを提示」した。11円台の買い注文が約定された後、59分33秒に8.415円の買い注文が約定され、続いて提示された8.435円の買い注文も取引が成立。くりっくの終値となった。

 ロイターが金融機関から直接提示された対ドルレートを元に算出した南アランド/円は30日、11円台で海外市場の取引を終了していた。

 TFXでは「24時間体制で提示レートの妥当性をチェックしているが、今回は瞬間的なレート提示だったため、確認を行うことが時間的に不可能だった」として、短時間の提示でも異常レートを自動的に排除するシステムを早急に構築するとしている。

 外為市場では、週明け2日早朝の取引で円が幅広く上昇。その一因として、「くりっく」が実勢から大きくかい離したレートで取引を成立させたことが影響したとの声が多数上がっていた。

|

« 10月第5週。外為取引編 | トップページ | 11月第1週。証券取引編 »

コメント

東京金融取引所は腐っています。
まったく顧客のことを考えていません。

くりっくでは、これに起因して多くの人がLC受けたのにかかわらず、その初期段階でロスカットされた人のみを救済しており、他は無視しています。
両者の間に本質的な差はないです。
http://www40.atwiki.jp/clickfxtrouble/pages/1.html

くりっくは一般投資家はやめたほうがいいと思います。

投稿: | 2009年11月13日 (金) 13:10

金融商品取引法によれば、
・損失補填の禁止
・特別の利益の提供の禁止
がありますので、ロスカット自体を保留した業者は逆に法令遵守に問題があるかもしれません。

ただし、東京金融取引所は、同法の、
・金融商品取引所の適切な運営を確保
ができていなかったとは思います。
ただし、今後の対策を早急に取るとのことですので、厳重注意で終わるのではないでしょうか。


>>その初期段階でロスカットされた人のみを救済しており、他は無視しています。

他を救済しないといけない理由がよくわかりません。
個人のリスク管理に問題があっただけと思いますが??

投稿: neuromancer | 2009年11月13日 (金) 14:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月第5週。外為取引編 | トップページ | 11月第1週。証券取引編 »