« 今日のトレード2009年12月8日 | トップページ | 今日のトレード2009年12月9日 »

2009年12月 9日 (水)

3Days投資法(3Weeksシステム)って?

自分で随分いじってますが、以下のような感じです。

過去50営業日(3Weeksシステムは50週)の値動きを調べます。
基本的には勝率に頼った投資法です。

証券取引用はカブドットコム証券がオススメ。
エントリ当日含め3営業日終値までに決済します。

注文のセットは、エントリは始値±指値、エントリ当日含め2営業日目までは、エントリ注文時にUターン注文で約定単価±指値を使います。
3営業日目はUターン注文で出していた約定単価±指値を取消して、W指値(不成、後場引け、指値と逆指値は自分で手計算)を使います。

エントリ注文時に、有効期限を例えば2週間先にしておけば、エントリ注文が約定するまで、そのままにしておくことが出来るので、毎日注文を出し直さなくて済むので、便利です。

商品先物用は相場ライフがオススメ。
エントリ当日含め4営業日始値までに決済します。

逆ばりの場合
注文のセットは、エントリは始値(17:00)を確認してから、特殊注文(新規)のIFO注文・新規注文(執行条件はLo FaS、指値は自分で手計算、有効期限は当日※1)、エントリ注文時にIFO注文・仕切注文(指値方法は益出/損切ともに建値+−、執行条件は益出はLo FaS※2、損切はMo FaK※3(Lo FaS※2の方が安全かも)、MTLO FaS※3、有効期限は3営業日目で、「有効期限経過後MO(FaK)※4で発注」にチェック)です。

エントリが約定しなければ、毎日注文を出し直す必要があります。

順ばりの場合
注文のセットは、エントリは始値(17:00)を確認してから基本注文機能の新規(執行条件はSOMO FaK※5、指値は自分で手計算)です。特殊注文(新規)の戦略注文(執行条件はLo FaS※2、指値条件1は本日、指値条件2は寄付値、条件指値に値幅、有効期限は当日※1)。
約定したら、特殊注文(仕切)のトリプル注文(益出の執行条件はLo FaS※2、指値は自分で手計算。損切の発注条件は自分で手計算、執行条件はMo FaK※4(Lo FaS※2の方が安全かも)MTLO FaS※3。有効期限は3営業日目で、「有効期限経過後MO(FaK)※4で発注」にチェック)です。

エントリが約定しなければ、毎日注文を出し直す必要があります。
エントリが約定してからでないと、特殊注文(仕切)のトリプル注文を出すことはできません。

※1:計算区間は翌日なので、12/8に注文なら12/9になります。
※2:Limit Order, Fill and Storeのこと。Limit Orderは指値注文、Fill and Storeは受付時に約定可能な数量は約定し、残枚数は指定した有効期限まで板に残ります。
※3:Market To Limit Order, Fill and Storeのこと。Market To Limit Orderは板に合わせた指値注文、Fill and Storeは受付時に約定可能な数量は約定し、残枚数は指定した有効期限まで板に残ります。
※4:Market Order, Fill and Killのこと。Market Orderは成行注文、Fill and Killは受付時に約定可能な数量は約定し、残枚数は全てキャンセルされます。
※5:Stop Order Market Order, Fill and Killのこと。Stop Orderは条件指定、Market Orderは成行注文、Fill and Killは受付時に約定可能な数量は約定し、残枚数は全てキャンセルされます。要するに逆指値みたいなもの。


外為取引用はスター為替証券がオススメ。
エントリ当週含め4週目始値までに決済します。

注文のセットは、エントリは月曜に始値を確認してから、新規注文の指値・逆指値・成行(執行条件は、逆ばりなら指値、順ばりならトリガ、トリガ価格または指値価格は自分で手計算、期限は週末)です。
決済注文はリレー注文(エントリ注文を選択し、OCO注文、指値価格とトリガ価格は自分で手計算、期限は3週後の土曜6:00、サマータイム中は5:00、クロスカレンシー取引=クロス円以外の場合は土曜5:30、サマータイム中は4:30)です。
期限までに決済されなかった場合、月曜の始値を予測して、必ず約定しそう&プライスリミット(注文受付可能幅)内の価格で注文を出す必要があります。

リレー注文は新規注文が約定する前に行います(普通に新規注文の後にやれば充分間に合います)。
新規注文とリレー注文のペアは毎週注文を出し直す必要があります。
クロスカレンシー取引=クロス円以外の場合、米ドル円のレートで換算されるので、オススメしません。

にほんブログ村 為替ブログへ

にほんブログ村 先物取引ブログへ

にほんブログ村 経済ブログへ

分析方法の概要です。

逆ばり買いの場合…
・始値からの下落幅、下落からの当日含め3営業日目までの上昇幅と下落幅、3営業日目の終値を調べます。

・ある始値からの下落幅があった場合(エントリ用)に、そこからの上昇幅がどれだけか(リミット決済用)を調べ、その上昇幅以上の下落幅がどれだけか(ストップ決済用)、3営業日目の終値(期日到来決済用)を調べます。

・例:始値から100円下落した確率、そこから90円下落せずに90円上昇した確率、または3営業日目の終値がエントリした値より上になった確率を算出します。

・これで、エントリできる確率、想定通りの利益を出す確率、想定通りではないけど勝つ確率の3つが求められるので、有利なものを選択します。

逆ばり売りの場合…
・始値からの上昇幅、上昇からの当日含め3営業日目までの上昇幅と下落幅、3営業日目の終値を調べます。

・ある始値からの上昇幅があった場合(エントリ用)に、そこからの下落幅がどれだけか(リミット決済用)を調べ、その下落幅以上の上昇幅がどれだけか(ストップ決済用)、3営業日目の終値(期日到来決済用)を調べます。

・例:始値から100円上昇した確率、そこから90円上昇せずに90円下落した確率、または3営業日目の終値がエントリした値より下になった確率を算出します。

・これで、エントリできる確率、想定通りの利益を出す確率、想定通りではないけど勝つ確率の3つが求められるので、有利なものを選択します。

順ばり買いの場合…
・始値からの上昇幅、上昇からの当日含め3営業日目までの上昇幅と下落幅、3営業日目の終値を調べます。

・ある始値からの上昇幅があった場合(エントリ用)に、そこからの上昇幅がどれだけか(リミット決済用)を調べ、その上昇幅以上の下落幅がどれだけか(ストップ決済用)、3営業日目の終値(期日到来決済用)を調べます。

・例:始値から100円上昇した確率、そこから90円下落せずに90円上昇した確率、または3営業日目の終値がエントリした値より上になった確率を算出します。

・これで、エントリできる確率、想定通りの利益を出す確率、想定通りではないけど勝つ確率の3つが求められるので、有利なものを選択します。

順ばり売りの場合…
・始値からの下落幅、下落からの当日含め3営業日目までの上昇幅と下落幅、3営業日目の終値を調べます。

・ある始値からの下落幅があった場合(エントリ用)に、そこからの下落幅がどれだけか(リミット決済用)を調べ、その下落幅以上の上昇幅がどれだけか(ストップ決済用)、3営業日目の終値(期日到来決済用)を調べます。

・例:始値から100円下落した確率、そこから90円上昇せずに90円下落した確率、または3営業日目の終値がエントリした値より下になった確率を算出します。

・これで、エントリできる確率、想定通りの利益を出す確率、想定通りではないけど勝つ確率の3つが求められるので、有利なものを選択します。

商品先物の場合、3営業日目の終値ではなく、4営業日目の始値を調べます。
外為取引の場合、3営業日ではなく3週間、4週目の始値を調べます。

にほんブログ村 為替ブログへ

にほんブログ村 先物取引ブログへ

にほんブログ村 経済ブログへ

|

« 今日のトレード2009年12月8日 | トップページ | 今日のトレード2009年12月9日 »

コメント

こんばんは丁稚トレーダーです。

カブドットコムは長期投資のぷち株専用で持ってます。

応援ぽち。

投稿: 丁稚トレーダー | 2009年12月 9日 (水) 22:13

丁稚トレーダーさん、こんばんは。

カブドットコム証券は自動売買の注文方法が豊富で気に入っています。

応援ポチ、どうもです!

投稿: neuromancer | 2009年12月 9日 (水) 22:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日のトレード2009年12月8日 | トップページ | 今日のトレード2009年12月9日 »