« BootCampでやってはいけないこと | トップページ | MacからBootCampを次回だけ再起動するAppleScript »

2012年1月19日 (木)

Time Machineからの復旧

前回、一時的なアカウントでOSのインストールと本来のアカウントのTime Machineからの移行したと書きましたが、それではアクセス権が正しく設定されなかったので、再(×n)インストールを行いました。

Appleのサポートさん、上級サポートさんは、正直、知識不足ですね…

結局、本来のアカウントでOSをインストールし、Time Machineからそのアカウントを別名で復旧。
ところがその中のアクセス権が正しくない。

上級サポートさんによれば、アカウントの削除の際に、「イメージディスクを作成する」にすれば、アクセス権情報がクリアされるとのことだったのですが、そもそもイメージディスクの作成に失敗する始末。

また、外付けHDにコピーすれば、アクセス権情報がクリアされるとのことだったのですが、これは誤り。

結局、NASにコピーして(これでアクセス権情報がクリアされる)、内蔵HDに戻し、アクセス権をいくつか設定し直し…を繰り返して復旧しました。

いくつかのアプリケーションは正常な状態でインストールしても、アクセス権がややおかしいものもあり、そういうアプリもNASにコピーして戻してアクセス権を設定し直しました。

さてさて、やっと今年向けの作業を行うことができそうです。

|

« BootCampでやってはいけないこと | トップページ | MacからBootCampを次回だけ再起動するAppleScript »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BootCampでやってはいけないこと | トップページ | MacからBootCampを次回だけ再起動するAppleScript »