« Time Machineからの復旧 | トップページ | Lion (10.7) で公的個人認証サービスが利用できた! »

2012年2月18日 (土)

MacからBootCampを次回だけ再起動するAppleScript

Lion (10.7.3) にて確認済みです。
BootCampで再起動する手間を省きたいな〜と調べたところ、

「パソコンよろずQ&A」さんの「MacからWindowsに切り替えて再起動する機能を追加するには」
http://blog.goo.ne.jp/pcqanda/e/0e64d11a18954dbe8dfb698b4a6882ce

「AppleCentral Forums」の「Boot into bootcamp applescript」
http://forums.applecentral.com/ubbthreads.php/topics/450188/Boot_into_bootcamp_applescript

に行き当たりました。

んで、2つを組み合わせて、以下のようなAppleScriptの出来上がり。
これならディスクユーティリティを使って調べる必要もないし、
BootCamp側のWindowsを普通に再起動すれば、Mac OS Xが起動します。

あ、「管理者パスワード」の部分は書き換えてくださいね。

tell application "Finder"
display dialog "コンピュータを再起動してもよろしいですか?" & return & return & "お使いのコンピュータは Windows を使用して起動します。" default button 2 with icon note
end tell
do shell script "sudo bless --mount /Volumes/BOOTCAMP/ --legacy --setBoot --nextonly" password "管理者パスワード" with administrator privileges
tell application "Finder" to restart

|

« Time Machineからの復旧 | トップページ | Lion (10.7) で公的個人認証サービスが利用できた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Time Machineからの復旧 | トップページ | Lion (10.7) で公的個人認証サービスが利用できた! »