2012年7月27日 (金)

スター為替証券の大富豪21をSafariで使っていて

帳票などが表示されなくなった方、Evernote Web Clipperを一時的に無効にしてみてください。
表示されるようになります。

| | コメント (0)

2012年4月21日 (土)

GeekToolの天気アイコン表示を修正

Yahoo!の仕様が変わったらしく、お天気アイコンが表示されなくなりました。
正規表現に四苦八苦しながらできたのが、これ。
うちは川崎市なので、その辺は修正してください。
"?unit=c"の部分は不要かも。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

続きを読む "GeekToolの天気アイコン表示を修正"

| | コメント (0)

2012年2月18日 (土)

Lion (10.7) で公的個人認証サービスが利用できた!

「ento's posterous」さんの「Mac OS X 10.7 Lionで公的個人認証サービスを利用する」
http://ento.posterous.com/mac-os-x-107-lion

こちらの記事のおかげで、動きました!
これで確定申告できます!

こちらのサイトの「JPKI.tokend」、中身をチェックしましたが、特に怪しいところはなかったです。


AppleのサポートはRosettaがないせいだと言ってましたが、必ずしもそういうわけではないようです。

| | コメント (2)

MacからBootCampを次回だけ再起動するAppleScript

Lion (10.7.3) にて確認済みです。
BootCampで再起動する手間を省きたいな〜と調べたところ、

「パソコンよろずQ&A」さんの「MacからWindowsに切り替えて再起動する機能を追加するには」
http://blog.goo.ne.jp/pcqanda/e/0e64d11a18954dbe8dfb698b4a6882ce

「AppleCentral Forums」の「Boot into bootcamp applescript」
http://forums.applecentral.com/ubbthreads.php/topics/450188/Boot_into_bootcamp_applescript

に行き当たりました。

んで、2つを組み合わせて、以下のようなAppleScriptの出来上がり。
これならディスクユーティリティを使って調べる必要もないし、
BootCamp側のWindowsを普通に再起動すれば、Mac OS Xが起動します。

あ、「管理者パスワード」の部分は書き換えてくださいね。

続きを読む "MacからBootCampを次回だけ再起動するAppleScript"

| | コメント (0)

2012年1月19日 (木)

Time Machineからの復旧

前回、一時的なアカウントでOSのインストールと本来のアカウントのTime Machineからの移行したと書きましたが、それではアクセス権が正しく設定されなかったので、再(×n)インストールを行いました。

Appleのサポートさん、上級サポートさんは、正直、知識不足ですね…

結局、本来のアカウントでOSをインストールし、Time Machineからそのアカウントを別名で復旧。
ところがその中のアクセス権が正しくない。

上級サポートさんによれば、アカウントの削除の際に、「イメージディスクを作成する」にすれば、アクセス権情報がクリアされるとのことだったのですが、そもそもイメージディスクの作成に失敗する始末。

また、外付けHDにコピーすれば、アクセス権情報がクリアされるとのことだったのですが、これは誤り。

結局、NASにコピーして(これでアクセス権情報がクリアされる)、内蔵HDに戻し、アクセス権をいくつか設定し直し…を繰り返して復旧しました。

続きを読む "Time Machineからの復旧"

| | コメント (0)

2012年1月13日 (金)

BootCampでやってはいけないこと

昨日、やっとMacがまともになりました。

昨年11月にすっ飛んでから、何と2ヶ月…

そもそもの発端はVMware Fusionのアップデート。
4.1へのアップデートが来て、Windowsを立ち上げたら、「正規品でない」と。
数時間後に4.1.1へのアップデートが来たことから、4.1のバグだったと思われます。

BootCampでWindowsを立ち上げても「正規品でない」となってしまい、サポートに電話したら、Windows7を削除して、再インストールしろ、と。

そこで、面倒くさかったので、たまたま数ヶ月前にWindows7で取ったバックアップがあったので、Windows7の復旧を行いました。
これが、BootCampでは、やってはいけないことです。
この時点でパーティション情報が壊れたのです。

Macに戻り、BootCampアシスタントでWindowsのパーティションを削除したら…
内蔵HDDのパーティション全体が壊れて、Recovery HDすらアクセスできなくなりました。

フォーマット&インストールするはめに。
BootCampのWindows7でバックアップしても意味がなく、復旧などもってのほか!

続きを読む "BootCampでやってはいけないこと"

| | コメント (0)

2010年10月15日 (金)

Office 2004 for Mac 11.6.1はインストールしてはいけない!(追記あり)

タイトル通りですが…

11.6.1のアップデートは推奨しません。
R列がセル連結されているExcelファイルが開かなくなります!

あたしゃ、これでひどい目に遭いましたよ…
データが入力できなくなり、急遽OpenOfficeのお世話に。
でも、微妙にデータの扱いが違ったり、マクロが動かなかったりして、四苦八苦しました。

マイクロソフトのサポセンに電話して、結局、2004を再インストール。
アップグレード版だったので、v.Xまで準備するはめに。

んで、11.6.0のアップデートまでで、止めておいてください。
重要なセキュリティアップデートだってニュースに書かれていたのに…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

続きを読む "Office 2004 for Mac 11.6.1はインストールしてはいけない!(追記あり)"

| | コメント (3)

2010年1月 9日 (土)

Twitterをご覧の方は気づいたでしょうが

VirtualPC上のWindowsXPを数ヶ月ぶりについ立ち上げてしまったのが、運の尽き。

最初の自動更新で50以上に及ぶ更新が待ち受け、その後も次から次へと更新が…

しかも、途中でセキュリティソフトのアンインストールと別なセキュリティソフトのインストール、不要なプログラムの削除(しかも、うまくいかない)なんかも入ったもので、非力なPowerBook G4では1日半も掛かってしまいました。

この間、ほとんどMac側のブラウザ操作やメールチェックはできず。
CPUの余力もなければ、メモリの余力もない状態でしたので。

夕べ(もうほとんど今朝?)、一通り終わって、やっとここ2日間の相場の情報や約定情報を取り込んで、私がダウン。

「今日のトレード」7日分と8日分を書き、それから、週のまとめ情報を書こうと思います…歯医者から帰ってきたら、ですが。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

2009年12月 8日 (火)

launcher_jwsって?

ピボット−システムの作り方 その1

スター為替のチャートバージョンアップ

で書いています。

拡張子は「.jnlp」。Java Web Startによる、Javaアプリケーションを起動するのに必要な情報が入ったファイルです。
だから、ファイル名は「launcher_jws.jnlp」です。
これをダブルクリックすると、チャートソフトが動きます。
詳しくは、上で紹介した記事をご覧下さい。

※2010/02/13追記。
Windowsの方はJavaがインストールされていないことがありますので、http://www.java.com/ja/からどうぞ。

にほんブログ村 為替ブログへ

| | コメント (2)

私が使っているピボットシステム

ピボット−システムの作り方 その6(最終回の次の次の回)では、Excelのピボットシステムを紹介しています。

その頃からちょっと変えたものを(大した変更ではありませんが)、現在使っています。

たまに「pivot」とか「ピボット」などで検索されているので、単なるピボットシステムくらいなら、提供しましょうってことで。
他のシステムを自作したい方にも参考になるかもしれないし。
Googleドキュメントで作成し、コンバートしています。多分、大丈夫だと思います。

にほんブログ村 為替ブログへ

続きを読む "私が使っているピボットシステム"

| | コメント (0)