2016年10月15日 (土)

Williams' % Range をZeroLag化してみた

元になるWilliams' % Range はソースコードがなかったので、昔Meta Quotes社が公開したものを使いました。
個人的には、この指標を使ったことはありません…

10/22に.ex4ファイルを更新しました。バグ修正。

続きを読む "Williams' % Range をZeroLag化してみた"

| | コメント (0)

2016年10月10日 (月)

ZeroLag RSI で特定のレベルに達したらアラートを出す

ご要望の品です。
ZeroLag RSI で、特定の数値以上または数値以下になると、アラートを出します。

ソースなので、コンパイルして使ってくださいね。

続きを読む "ZeroLag RSI で特定のレベルに達したらアラートを出す"

| | コメント (0)

2014年7月28日 (月)

MetaTrader4で様々なテクニカル指標をZeroLag化

元ネタは他の方が作成したZeroLagMACDで、そこからZeroLagMAとZeroLagRSIを作ってみました。

ZeroLagMACDは最後にパラメータを追加し、MACDをヒストグラムにするかどうか(デフォルトはMT4の流儀に従いtrue)を指定できるようにしています。
普通はMACDのシグナルがヒストグラムですよね?

ZeroLagMAはPRICEを選択指定できるように(CloseとかWeightとか)してあります。文字列では不便でしょ?

ZeroLagRSIは特に工夫はありません。PRICEはClose固定。

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

続きを読む "MetaTrader4で様々なテクニカル指標をZeroLag化"

| | コメント (4)

2014年7月25日 (金)

MetaTrader4でRSIのボリンジャーバンドを表示するインジケーターを作りました。

RSIのボリンジャーバンドを見てトレードするというのがあったので、まずはインジケーターの作成を。
今回は割とまじめに作ったので、ソースコードで公開します。
これ、自分のEAで活用できるといいなぁ…

続きを読む "MetaTrader4でRSIのボリンジャーバンドを表示するインジケーターを作りました。"

| | コメント (2)

2014年7月24日 (木)

MetaTrader4でMTFのPIVOTを作りました(7/28訂正あり)。

マルチタイムフレーム対応のフィボナッチPIVOTを作りました。
inはタイムフレーム(ENUM対応)、(フィボナッチ)倍数1、2、3。
outは0から順に、R3,R2,R1,PIVOT,S1,S2,S3です。

タイムフレームを指定するのに、数字で指定するのはちょっと不便だな〜と思ったので、そこが便利になったくらいですかね。

EAで使う時に、shiftに1を指定すべきかな〜と思って修正したら、正しくありませんでしたorz
7/28に訂正版をアップロードしました。

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

続きを読む "MetaTrader4でMTFのPIVOTを作りました(7/28訂正あり)。"

| | コメント (4)

2014年6月25日 (水)

MetaTrader4でVLMA(可変長移動平均)6/26日に訂正あり

ボラティリティによって移動平均の長さを変えるVLMAです。

1つのファイルにしてもよかったのですが、可変長を求めるVLと、それを使って可変長移動平均を求めるVLMAの2つに分けました。

Vlma

ボラが高い時でもTEMAと比べても遜色なく、ボラが低い時は不要な変動が少ないという、いいとこ取りのVLMAです!

続きを読む "MetaTrader4でVLMA(可変長移動平均)6/26日に訂正あり"

| | コメント (0)

2014年6月22日 (日)

MetaTrader4で正しいDMIを作りました

MetaTrader4のADXは、ADX, +DI, -DI から成り立っていますが、その値は普通のDMIとはどうみても値が異なります。
ネットを探しても、きちんと動くインジケーターがなかったので、自作しました。

続きを読む "MetaTrader4で正しいDMIを作りました"

| | コメント (0)

2014年6月16日 (月)

MetaTrader4のEAで足が増えた時だけ処理するには

EAの処理は、init、start、deinit、(新しい書き方では、OnInit、OnTick、OnDeinitかな?)になりますが、start関数はティックデータが更新されると動きます。

このため、EAを作成した時に、直前の足で決定した値を元に、次の足が増えたタイミングで動くようにするには一手間掛ける必要があります。

続きを読む "MetaTrader4のEAで足が増えた時だけ処理するには"

| | コメント (0)

2014年6月14日 (土)

MetaTrader 4でサマータイムかどうか判定する関数

スキャルピングタイプのEAを作ったりすると、スワップ金利が付く時間帯のトレードを避けるために、そもそもサマータイム中なのかどうか知りたい場合が多々あると思います。

そこで作った関数、IsSummerTime() が以下です。
パラメータとして、結果をプリントするかどうかのboolをデフォルト値falseで持っています。
結果はboolで返し、trueならサマータイム、falseならサマータイムではない、となります。

続きを読む "MetaTrader 4でサマータイムかどうか判定する関数"

| | コメント (0)

2014年6月 9日 (月)

MetaTrader 4のEAでMagicナンバーを通貨ペア毎に生成する方法

一般にEAのMagicナンバーは作った日付(YYYYMMDD形式)とかにしていると思いますが、それだと複数の通貨ペアでEAを作動させた際に後々、困るんじゃないかと思うのです。
そこで、Magicナンバー生成。

まずは頭の方で普通に
#define MAGIC 20140609
int _magic = MAGIC;
とか書いておきます…

続きを読む "MetaTrader 4のEAでMagicナンバーを通貨ペア毎に生成する方法"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧